カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 胃炎(慢性・急性) >
  5. ウイルス性急性胃腸炎 症状から判断して適切な処置を

気になる病気・症状

ウイルス性急性胃腸炎 症状から判断して適切な処置を

ウイルス性急性胃腸炎は、冬場に乳幼児に発症することの多い病気です。

突然の嘔吐、そして下痢。これらの症状であれば、ウイルス性急性胃腸炎を疑いましょう。

 

嘔吐の症状

元気だったはずなのに、突然の嘔吐。これがウイルス性急性胃腸炎の症状です。嘔吐から始まることが多く、それは1~2日程続きます。その後下痢が始まるようになりそれも1~2日続くことになります。

 

下痢は血液を含まない酸臭の水っぽいもので、多い時では1日に10回以上になることもあります。時に便は淡黄や白色となる場合もあります。

 

感染方法

乳幼児や子供で幼稚園や学校で流行っているのであれば、ウイルス性急性胃腸炎で間違いないでしょう。特に冬季はこのウイルス性急性胃腸炎が流行る時期ですので、周りで感染している人がいたのならば、移ってしまったと考えてよいでしょう。

 

ウイルス性急性胃腸炎に感染したら

まずは幼稚園や学校などを休ませ、感染を拡大させないようにすることです。そして病院を受診させ、適切な治療を受けましょう。

 

脱水症状になりやすい病気ですので、水分は十分に補給させることを心がけなければなりませんが、それでも唇や肌がカサカサに荒れた状態になってしまったら脱水症状のサインです。早急に病院を受診して、点滴などで水分を補給してもらうようにしましょう。

 

治療の最大のポイントは脱水のコントロールです。水分補給をこまめに行い、早めに病院を受診し適切な治療を受けることです。

 

また、冬場の時期に幼稚園や小学校などで流行する特徴があります。周りで感染している人がいたならば、手洗いうがいを徹底して行い、うつらないようにすることが大切です。 

(Photo by: [//www.pakutaso.com/])

著者: ママゴリラさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

胃炎(慢性・急性)に関する記事

急性胃腸炎は入院不要なケースが多い?在宅療養で症状悪化を防ぐ!

急性胃腸炎では、嘔吐を繰り返すなど激しい症状を呈する場合があります。入院が必要...

下痢や嘔吐が止まらない! 急性胃腸炎で入院に!?

急性胃腸炎は、胃痛や腹痛、下痢や嘔吐を繰り返す症状がみられる病気です。通常症状...


食品に付着繁殖した原因菌で細菌性胃腸炎に!?

  食品に付着繁殖した原因菌を体内に取り込むことで起こる、細菌性胃腸炎。通常は...

急性胃腸炎の応急処置法!~主症状が嘔吐の場合について

急性胃腸炎に多い症状が嘔吐です。最も酷い時には嘔吐を頻繁に繰り返し、苦痛を伴い...

カラダノートひろば

胃炎(慢性・急性)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る