カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 痛風 >
  4. 食事・レシピ >
  5. ビールはNG!?重曹が効く?痛風のウソホント

生活習慣病

ビールはNG!?重曹が効く?痛風のウソホント

痛風にはいくつかの俗説が存在しています。例えば魚卵は痛風にはNGといったような俗説です。

実際には魚卵のプリン体の値はたらこと明太子では高値ですが数の子などはプリン体が少ない食べ物ですので、痛風の方が摂取しても問題ありません。

こんな形で存在する痛風のウソホントを見ていきましょう。

 

●ビールがNGはウソ!?

痛風の方が長いこと言われてきたことのひとつがビールはNGということです。なぜそういわれるようになったのかは明らかではありませんが、2000年代でも痛風ならビールはNGというのが通説でした。

ですが、ビールがNGというのは嘘です。ビールのプリン体の値は100mlあたりわずかに5mgしかありませので、1日の摂取限界量の400mgには遥かに及びません。問題はビールではなくビールと一緒に取るおつまみにあります。生ハムは100gあたりのプリン体値が140mg程度で、注意したい食べ物です。

その他にも締めに食べるラーメンや肉類はプリン体が多いのでビールに気を付けるよりもおつまみに気を付けた方がよいです。ただし、アルコールには尿酸を生成する働きがあるのでビールにしてもほかのアルコールにしても摂取のし過ぎには注意しましょう。

 

●重曹が効くって本当?

痛風に対して重曹が効く、というのは最近になって言われるようになった説の一つです。

重曹は尿をアルカリ性に近づけて体内の尿酸を排出しやすくしてくれるので、重曹が効くというのは本当です。

ただし尿酸値が高くなる元となる生活習慣の改善が必須で、重曹での効果はあくまでも補助的なものと考えた方がよいでしょう。

重曹を摂取するなら、小さじ半分の重曹を約200mlの水に溶かして1日1杯を飲むのがおすすめだそうです。

 

痛風にはいくつか言われている通説がありますが、そのうちビールが痛風の人にとってNGというのはウソです。ビールはプリン体値もそれほど高くありませんので摂取しても問題ありませんが、ビールのおつまみになる生ハムやラーメンなどには注意が必要です。

一方で重曹が効くという通説がありますが、こちらは本当です。

ただし重曹だけで尿酸値のコントロールはできません。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/12/20-374343.php)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食事・レシピに関する記事

痛風の人が注意したい!NGな食べ物3選!

痛風の原因は一般的に尿酸値の高さ、同時に尿酸に代謝されるプリン体の大量摂取と...

尿酸値と食事~実はプリン体が多い要注意の食品とは!?

  尿酸値が気になる人は、プリン体を多く含む食品の摂取を控えているでしょう...


『温州みかん』は軽度の痛風に有効!尿酸値低下作用が確認された

痛風に注目される食材「温州みかん」   痛風(高尿酸血症)と言う病気をご...

食べものだけじゃない!痛風患者さんは「何を飲むか・どうやって飲むか」も大事!

痛風になると「何を食べるか」に気を使うようになると思います。プリン体の多いも...

カラダノートひろば

食事・レシピの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る