カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 神経 >
  5. 歯の神経を抜くとどうなる?

気になる病気・症状

歯の神経を抜くとどうなる?

 

虫歯や歯周病などの治療に行って診察をしてもらってから、歯の神経を抜くことになったらどうするでしょうか。「嫌です」とも言えませんから、「わかりました」と言ってしまうと思いますが、歯の神経を抜いてしまったらその歯はどうなってしまうのか、分かっていない人がほとんどなのではないでしょうか。

 

 

歯の神経の役割

歯の神経を抜く、抜かないという問題以前に、歯の神経とはどんな役割を持っているのでしょうか。歯の中心部分には細かい血管や神経が入り込んでいる歯髄という場所があります。一般的に「神経をぬく」ということはこの歯髄を取り除くということになります。ではこの歯髄はどんな役割をしているのかと言うと、血管も入り込んでいる分、その血管を利用して歯に栄養を送る働きをしています。その他にも虫歯の細菌が歯の内部に侵入しようとするのを防ごうとする働きがあります。

 

神経を抜くとどうなるか

ではこのような歯の神経を抜いてしまうとどの様なことが考えられるでしょうか。以下を見てみましょう。

・痛いや冷たいなどの歯の感覚がなくなる

・神経を介して病気が進行することがなくなる

・歯がもろくなる

・歯が変色する

・数年後にトラブルが生じることがある

・治療期間が長くなる

メリットやデメリットの両方が考えられます。上の二つは治療時に説明があるかもしれませんが、それ以外に関しては治療に際してあまり説明がもらえないことがあります。神経は歯に栄養を届けている場所ですから、歯の強度が下がり歯の寿命が短くなる傾向があります。また、歯の色が変色する場合にはその歯だけが褐色になって目立つようになりますので、この場合ホワイトニングなどで歯の色を調節することがあります。

 

 

全てを歯科医が説明してくれるわけではありませんので、よく分からないまま承諾するよりは、どんなことが想定されるかよく聞いておくとよいでしょう。

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2009/05/10-019637.php?category=265])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

神経に関する記事

虫歯で神経を抜くor抜かない?それぞれの可能性

  虫歯が進行していくと、歯の深いところまで虫歯に浸食されていきます。そうなっ...

歯医者に行くまえの心構え 歯の神経はどのようにして抜くのか?

  虫歯の治療などで歯の神経をとってしまうことがあります。歯の神経は歯に栄養を...


治療を受けた後に歯がしみる!?治療後に歯がしみる場合、どんな可能性がある?

  虫歯の治療をした「後」に、歯がしみるようになったということはないでしょうか...

歯の神経が受ける痛みに応急処置を!その痛みを軽減する有効な対処法3選

  仕事中や深夜など、すぐに病院に行けないときに、急に歯が痛くなるときがありま...

カラダノートひろば

神経の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る