カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 治療 >
  5. 一生続けなければ意味がない、糖尿病治療!画期的な新薬「DDR-4阻害剤」知ってますか?

生活習慣病

一生続けなければ意味がない、糖尿病治療!画期的な新薬「DDR-4阻害剤」知ってますか?

 

糖尿病を甘く見ているととんでもないことになる理由のひとつが、

その治療費です。 

●一度かかったら一生涯、投薬を続ければならない                                                            
糖尿病の薬はいったん飲み始めると数十年、一生飲み続けなければ意味がありません。
インスリン注射も同じです。さらに人工透析を始めることになったら、通常は2日に1回程度通院し、毎回4~5時間かけて治療を受けることになります。透析にかかる費用は1回(4~5時間)2万2,350円。年間400万円以上もの大出費にもなります!



●複数の薬を同時に服用することが多い                                                            
血糖値を下げる薬に合併症を防ぐ薬…。糖尿病が進行するにつれ、最初は1,2種類で済んでいたものがどんどん増えていきます。合併症が出れば、さらにその薬も。病気を進行させないよう、10種類以上飲むのもめずらしくないのです。

最近、画期的な新薬として話題となった「DDR-4阻害剤」が2011年7月、日本でも自由に処方できるようになりました。
「DDR-4阻害剤」とは、簡単に言うと、血糖値のコントロールをする「インスリン」と「グルカゴン」の分泌に関与する消化管ホルモン「インクレチン」を分解する酵素を阻害する薬です。今後はインスリンをはじめ、他の糖尿病薬との併用も進むことでしょう。糖尿病は長期治療が原則となる生活習慣病だけに、今後どの製薬会社もしのぎを削って開発し、次々と新作を打ち出してくるでしょう。いまや40歳以上の男性の3人に一人は糖尿病予備軍といわれていますので、糖尿病薬マーケットは、製薬会社にとってとてもおいしい市場なのです。

自分自身だけでなく、国の医療費を抑えるためにも、さっそく特定健診と特定保健指導を受け、生活習慣を改善しましょう。特におなか周りの脂肪が気になる人は、いますぐ健診を受けることをおすすめします。

 

Photo by

//pixabay.com/static/uploads/photo/2013/01/08/01/15/dominoes-74227_640.jpg

著者: さゆさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

治療に関する記事

どんな治療をしている人なら大丈夫?ケース別に考える「断食にともなうリスク」

   日本にも世界にも、糖尿病を発症している人は多くいます。その生活は多様で、...

糖尿病は低血糖にこそ注意を

 糖尿病は低血糖こそ注意しなければならない疾患であることを覚えておきましょう。こ...


妊娠中の糖尿病治療!妊娠前と何が違う?注射による治療と経口治療について

糖尿病になる可能性は妊娠中にもあります。妊娠中に糖尿病になってしまった場合、...

良好な血糖コントロールを続けていくために…役に立つアプリのご紹介!

   糖尿病は医師が治療してくれるというよりも、自分で生活の中で努力する部分が...

カラダノートひろば

治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る