カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 食中毒 >
  4. 寄生虫 >
  5. クドア・セプテンプンクタータ >
  6. ヒラメから新種の寄生虫「クドア・セプテンプンクタータ」を発見!食中毒の原因に!

気になる病気・症状

ヒラメから新種の寄生虫「クドア・セプテンプンクタータ」を発見!食中毒の原因に!

 

 

数年前、なぞの食中毒事件が多発しました。どの例でも患者は嘔吐や下痢など食中毒の症状を現しているが、食中毒の原因とされるものが判明できずにいました。

しかし愛媛県で100人以上の患者が出たことで、その原因が何かやっと判明することができたのです。それがヒラメに寄生していた、「クドア・セプテンプンクタータ」という寄生虫です。

 

新種の寄生虫

これらの事件が起こるまでは、殆どなかったこのクドアによる食中毒。多発したのは、養殖ヒラメを冷凍処理を行わずに、刺身として出すようになったことが原因です。

ヒラメは刺身で食べられることが多い魚ですが、一度冷凍してしまうとその品質は低下してしまうそうです。

それを防ぐために冷凍せずに運搬しそのまま市場に出ていたのです。しかしこの冷凍処理を行わなかったという行為がクドアによる食中毒を出してしまったのです。

クドアは冷凍処理や加熱処理を行えば、病原性は発揮されません

品質を守ろうとした結果が、食中毒を生み出してしまったなんてなんとも皮肉な話です。

原因不明の食中毒が何件も起きましたが、クドアが新種であったために特定することに時間がかかりましたが、結果ヒラメに最も多く寄生していることがわかり、またある限定された養殖場からのヒラメであることもわかるようになりました。

 

未だ解明されていない部分も

クドアの遺伝子の一部がわかっているので、診断や検出する技術は確立されました。しかし、どのようにしてヒラメに寄生するのかどの段階で寄生するのかどういった条件下で発生するのかは未だ解明されておらず、今後の研究に期待するしかないようです。

 

(Photo by: [//www.pakutaso.com/20131217337post-3561.html])

著者: ママゴリラさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

クドア・セプテンプンクタータに関する記事

ヒラメの刺身を食べた直後に下痢や嘔吐が…!? これって食中毒?

    お魚を生で刺身として食べるのは、日本人特有の食文化であるといえます。...

クドアによる食中毒を防ぐにはどうすれば?市場に出回る前にされている対策について

  クドアによる食中毒とは、「クドア・セプテンプンクタータ」といわれる粘液胞子虫...


食中毒になるヒラメはもう市場に出ない!? ヒラメ養殖場の管理内容とは?

  2009年にヒラメによる食中毒が起きたことを覚えているでしょうか? その...

「クドア」食中毒になったら?病院ではどんな検査をすることになる?

    数年前、新種の食中毒として発見された「クドア・センプテンプンクタータ...

カラダノートひろば

クドア・セプテンプンクタータの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る