カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 保険適用部分入れ歯のメリットとデメリット

気になる病気・症状

保険適用部分入れ歯のメリットとデメリット

 

やむなく抜歯をした場合、その場所をそのままにすると歯としての機能が保てず、他のトラブルに発展する可能性があります。そのため人工の歯を使用しますが、ただ人工の歯を入れただけでは不安定なため、隣り合わせた歯に支えてもらうブリッジという方法をとります。ブリッジができない場合には部分入れ歯によって歯を安定させる方法が考えられます。

今回は部分入れ歯についての説明とメリットデメリットについてまとめました。

 

部分入れ歯

部分入れ歯を選択する際には、保険適用と保険適用外の選択肢が出てきます。保険適用の部分入れ歯の場合は、入れ歯を支えるために金属のばねを歯に引っかける必要があります。金属を引っかけるということで、見た目としても金属の部分が見えてしまって見た目が悪くなってしまいますし、物を噛む力は天然の歯の2~3割程度になってしまいます。保険適用外の部分入れ歯であれば金属の部分がついていないものなど様々なタイプのものが選択できます。

 

部分入れ歯のメリット

ー症例を選ばない

ー保険適用では安価

ブリッジの場合には前後の歯と状況などによって治療が受けられない場合がありますが、部分入れ歯の場合はほとんどの症例で使用することができます。

 

部分入れ歯のデメリット

ー見た目が良くない

ー虫歯が生じやすい

ー違和感が強い

ー徐々に合わなくなることがある

金属のばねの部分が見えていると、見た目が良くないのは想像できると思います。また、部分入れ歯に接している歯が虫歯になりやすいということも言えます。また、器具が口の中にあることで違和感を覚えることも多く、あごが痩せてしまうことによって、徐々に器具が合わなくなることがあります。そのため定期的な調整が必要になります。

 

 

部分入れ歯というのはいくつかある中の選択肢の一つです。メリットやデメリットをよく知った上で選びましょう。 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2009/06/30-023391.php?category=52])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

歯に関する記事

神経の痛みで生じる歯痛に「正露丸」「今治水」これらの薬で、ひどい歯痛に応急処置!

正露丸(せいろがん)と今治水(こんじすい)という市販薬があります。そのどちら...

入れ歯をすると食事がまずくなる…そんな問題を解決してくれる新しい入れ歯があるんです!

  高齢になって入れ歯をする人は多くいます。その時に問題としてあるのが、食事が...


保険適用内外の歯のブリッジの治療費用

  ブリッジは歯の治療の一つです。歯に何か問題があった時に削るという経験を...

高い治療費をかけたインプラント…治療後放置している人多いのでは?大事なメンテナンスしてる?

  インプラントは保険外の歯科治療です。一本数十万円かかりますが、いざ、インプ...

カラダノートひろば

歯の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る