カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. 成長の目安 >
  4. 小さいときほど「1対1」で愛情を注ぐ

育児

小さいときほど「1対1」で愛情を注ぐ

 

 



子どもは小さいときほどおかあさんを一人占めしたがります。大好きな人を独占するために、1対1でいることを望みます。そういう場合は、できる限り、1対1で愛情を注ぐようにしてあげましょう。

 



●自分の子どもの前で他の子を可愛がらない

たとえば小さい子ほど、自分のおかあさんが他の子と楽しそうに遊んだり、他の赤ちゃんを抱っこしていたりするのを見るのは許せません。たとえば、公園で、知らない子どもが自分のおかあさんのひざにちょこんと座ったとします。すると突然、その間に割り込んで、おかあさんを奪い返します。小さな子ほど、自分のものは自分のもの、おかあさんもおとうさんも、おじいちゃんもおばあちゃんも、すべての人が自分を中心に動いているのです。



●みんなと一緒がいやなら、一人づつ1対1で
(
たとえば">近くの小さなお友だち同士何人かで過ごすとき、一緒にお散歩に出ようとして「一人がいい」と言い出したらどうしますか。そういうときは、「わがまま言っちゃだめでしょ」と叱るのではなく、それぞれと1対1でつきあうくらいの余裕が必要です。わが子と手をつないでいて、もう一方の手で他の子と手をつなぐと、わが子が他の子の手を離してくることもあります。それが子どもですから、咎める必要はありません。



●甘えをいっぱい受け入れてもらった子ほど愛情豊かな人になる

周りのみんなからたっぷりと愛され、かわいがられ、また、自分の甘えをしっかりと受けとめてもらった子どもほど、生きる力を身につけ、思いやりのある心やさしい大人に成長します。



愛されるという経験が、他人も愛することのできる心豊かな人を作るのです。



(Photo by http://pixabay.com/static/uploads/photo/2012/03/01/01/42/baby-20339_640.jpg)

 

 

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

成長の目安に関する記事

O脚のあなたは育児中に注意!!

  日本人の約90%の人がO脚であると言われています。   日本人はO脚にな...

食に気をつけなけばならない3歳児 子どもに和食を食べさせよう

3歳近くになると、意思表示もでき、運動量も活発になります。そのため、食べたい...

成長の目安の体験談

生後6ヶ月になった子供の行動…

出産をした時はとても小さく、もしかしたら保育器に入るかもしれないなんて言われたこともあるうちの娘 ...

電車が好き?物の認識がしっかりしてきました

息子も1歳1か月。さすがに1歳になると、物の認識もしっかりしてきたせいか、こちら側にも好き嫌いがはっ...

カラダノートひろば

成長の目安の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る