カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 成長の目安 >
  4. 1~2歳 >
  5. 動作・行動 >
  6. 小さいときほど「1対1」で愛情を注ぐ

育児・子供の病気

小さいときほど「1対1」で愛情を注ぐ

 

 



子どもは小さいときほどおかあさんを一人占めしたがります。大好きな人を独占するために、1対1でいることを望みます。そういう場合は、できる限り、1対1で愛情を注ぐようにしてあげましょう。

 



●自分の子どもの前で他の子を可愛がらない

たとえば小さい子ほど、自分のおかあさんが他の子と楽しそうに遊んだり、他の赤ちゃんを抱っこしていたりするのを見るのは許せません。たとえば、公園で、知らない子どもが自分のおかあさんのひざにちょこんと座ったとします。すると突然、その間に割り込んで、おかあさんを奪い返します。小さな子ほど、自分のものは自分のもの、おかあさんもおとうさんも、おじいちゃんもおばあちゃんも、すべての人が自分を中心に動いているのです。



●みんなと一緒がいやなら、一人づつ1対1で
(
たとえば">近くの小さなお友だち同士何人かで過ごすとき、一緒にお散歩に出ようとして「一人がいい」と言い出したらどうしますか。そういうときは、「わがまま言っちゃだめでしょ」と叱るのではなく、それぞれと1対1でつきあうくらいの余裕が必要です。わが子と手をつないでいて、もう一方の手で他の子と手をつなぐと、わが子が他の子の手を離してくることもあります。それが子どもですから、咎める必要はありません。



●甘えをいっぱい受け入れてもらった子ほど愛情豊かな人になる

周りのみんなからたっぷりと愛され、かわいがられ、また、自分の甘えをしっかりと受けとめてもらった子どもほど、生きる力を身につけ、思いやりのある心やさしい大人に成長します。



愛されるという経験が、他人も愛することのできる心豊かな人を作るのです。



(Photo by //pixabay.com/static/uploads/photo/2012/03/01/01/42/baby-20339_640.jpg)

 

 

 

著者: 宮子さん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

動作・行動に関する記事

1歳の激しい人見知りはいつまで続く?激しい人見知りへの対処法

「家族、あるいはママ以外の人に触れられるだけで大泣き」「健診や受診でも大泣き...

指しゃぶりはいいこと?悪いこと?1歳までの指しゃぶりの役割とは

指しゃぶり=良くないものという認識を持っている方は少なくないかもしれません。し...

動作・行動の体験談

1歳1か月☆断乳後☆一日の過ごし方が変わりました!

一歳になり断乳をすると、今までと睡眠の質が変わるのか、朝寝をしなくなりました。また、お昼寝のあとは夜...

1歳2ヶ月〜自我の芽生えとできるようになったこと〜

次女ついに今日で1歳2ヶ月。 ここ最近の1歳過ぎてからの様子を書こうと思います。 とにかく今は自...

カラダノートひろば

動作・行動の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る