カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. ブリッジ >
  5. ブリッジのメリット・デメリットとは?

気になる病気・症状

ブリッジのメリット・デメリットとは?

 

抜歯した歯のあった場所に人工の歯を入れる際、その歯が歯としての機能を果たせるようにブリッジと言う方法で人工の歯を安定させます。ブリッジとは抜歯した歯の前後の歯に、被せものをつなぎ合わせることによって、人工の歯を安定させようとするものです。

 

 

ブリッジのメリット

 

見た目、噛みあわせが回復する

…人工の歯を入れることによって、抜歯する前の元通りの歯並びを復元することができます。それによって噛みあわせが回復しますので、抜いたまま放置しているよりも周囲の歯も安定します。また歯周病が進行した歯であっても、複数本の歯をつなぎ合わせることによって単独であるよりも噛む力を分散させることができ、歯を安定させることができます。

 

維持が簡単

…入れ歯のような手入れの必要はなく、自分の歯のそれと同じようにして磨くことでブリッジをした部分の歯を維持することができます。

 

広範囲の修正ができる

…歯並びの修正や、噛みあわせのバランスなど、歯の気になる部分を一度に整えることができます。

 

ブリッジのデメリット

 

歯を削る必要がある

…人工の歯を入れる場所の前後の歯は被せものをつけるために削らなくてはならなくなります。こうした部分で天然の何の問題もない歯に影響を与えるので、前後の歯の寿命が短くなる傾向があります。

 

見た目が悪い

…保険適用のブリッジを使用する場合、ブリッジに必要な3本の歯が一気に銀歯になってしまったり、年数がたつと変色してしまったりします。

 

見た目をよくすると値段が高くなる

…保険適用外のブリッジの場合は、見た目をそれなりによくすることはできますが、その場合は治療費が高くなります。

 

 

抜歯した場合、ブリッジ以外にも部分入れ歯やインプラントといった選択肢があります。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2013/10/18-383396.php])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ブリッジに関する記事

ブリッジをするにはどんな問題があるの?

  虫歯の進行や歯周病の悪化などによって、やむなく抜歯をするというケースがありま...

「ブリッジの後に口臭がきつくなった!」ブリッジをすると難しい口内の掃除とは?

  抜歯をした後は、その抜いた歯の機能を人工の歯で補ってあげる必要があります。...


歯の治療に用いられるブリッジの寿命は〇年!

  歯の治療のひとつにブリッジというものがあります。ブリッジ治療をした歯は...

ブリッジで生じる「口臭問題」…ブリッジでたまる汚れはココの汚れに特に注意して!!

  ブリッジというのは欠損歯を補う治療法のひとつです。欠損歯を両脇の歯に支えて...

カラダノートひろば

ブリッジの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る