カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 保険適用の3つのクラウン(かぶせもの・差し歯)

気になる病気・症状

保険適用の3つのクラウン(かぶせもの・差し歯)

 

虫歯治療で歯を削った際、少し削ったくらいであれば樹脂で固めてしまえばよいですが、ある程度深く削って歯の大部分を失った場合には、被せものなどをして歯を補う必要があります。

 

こうした被せものはクラウンと呼ばれます。クラウンは保険適用のものと保険適用外のものがあるのですが、ここでは保険適用のクラウンをご紹介します。

 

 

硬質レジンジャケット冠

 

…硬質レジンジャケット冠とは、硬質レジンという歯科用のプラスチックでできているクラウンです。

 

メリット:

・色が歯の色と近い

・金属ではないので金属アレルギーが起こらず、金属の溶けだしによる歯や歯茎の変色がない

 

デメリット:

時間が経つと変色する

強度があまりない

すり減りやすい

歯垢が付きやすい

保険適用範囲は前歯から犬歯のみで、医師の判断がある場合のみ小臼歯まで適用されます。

 

硬質レジン前装冠

 

…硬質レジンジャケットと似た名前ですが、中身は金属で、外から見える部分がレジンというプラスチックでおおわれているクラウンです。保険適用で前歯のクラウンを作る場合には、これが使用されることがほとんどのようです。

 

メリット:

色が歯の色と近い

中身が金属のため、強度が確保されている

 

デメリット:

時間が経つと変色する

歯の裏からは金属が見える

時間が経つと金属アレルギー、金属の溶けだしによる歯や歯茎の変色が起こる可能性がある

保険適用は前歯から犬歯のみで奥歯は適用外

 

金属冠(銀歯)

 

…全体が金属でできているクラウンで、金銀パラジウム合金あるいはニッケルクロム合金の2種類があります。

 

メリット:

金属なので強度が確保される

 

デメリット:

金属であるため見た目がよくない

金属アレルギーを引き起こす可能性があり、時間と共に金属の溶けだしによって歯や歯茎の変色の可能性がある

基本的に保険適用で犬歯よりも奥の歯にクラウンを使用する場合は、全て銀歯を使用することになります。

 

 

歯医者さんとよく相談して、自分の歯にあったものを選びたいですね。

 

(Photo by: [http://www.ashinari.com/2008/06/30-005016.php?category=34])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

歯に関する記事

高い治療費をかけたインプラント…治療後放置している人多いのでは?大事なメンテナンスしてる?

  インプラントは保険外の歯科治療です。一本数十万円かかりますが、いざ、インプ...

喉の痛み!どの科にかかるのがベスト?

喉が痛いと思っても内科にすべきか耳鼻咽喉科にすべきか悩んでしまうこともありま...


部分抜歯ってなんだ?

  人の歯は、生えている歯の数よりも根っこの数の方が多いということを、知ってい...

保険適用内外の歯のブリッジの治療費用

  ブリッジは歯の治療の一つです。歯に何か問題があった時に削るという経験を...

カラダノートひろば

歯の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る