カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 保険適用の3つのクラウン(かぶせもの・差し歯)、保険適用内外の歯のブリッジの治療費用、保険適用部分入れ歯のメリットとデメリットとは

気になる病気・症状

保険適用の3つのクラウン(かぶせもの・差し歯)、保険適用内外の歯のブリッジの治療費用、保険適用部分入れ歯のメリットとデメリットとは

 

虫歯治療で歯を削った際、少し削ったくらいであれば樹脂で固めてしまえばよいですが、ある程度深く削って歯の大部分を失った場合には、被せものなどをして歯を補う必要があります。

 

こうした被せものはクラウンと呼ばれます。クラウンは保険適用のものと保険適用外のものがあるのですが、ここでは保険適用のクラウンをご紹介します。

 

 

硬質レジンジャケット冠

…硬質レジンジャケット冠とは、硬質レジンという歯科用のプラスチックでできているクラウンです。

 

メリット:

・色が歯の色と近い

・金属ではないので金属アレルギーが起こらず、金属の溶けだしによる歯や歯茎の変色がない

 

デメリット:

・時間が経つと変色する

・強度があまりない

・すり減りやすい

・歯垢が付きやすい

・保険適用範囲は前歯から犬歯のみで、医師の判断がある場合のみ小臼歯まで適用されます。

 

硬質レジン前装冠

…硬質レジンジャケットと似た名前ですが、中身は金属で、外から見える部分がレジンというプラスチックでおおわれているクラウンです。保険適用で前歯のクラウンを作る場合には、これが使用されることがほとんどのようです。

 

メリット:

・色が歯の色と近い

・中身が金属のため、強度が確保されている

 

デメリット:

・時間が経つと変色する

・歯の裏からは金属が見える

・時間が経つと金属アレルギー、金属の溶けだしによる歯や歯茎の変色が起こる可能性がある

・保険適用は前歯から犬歯のみで奥歯は適用外

 

金属冠(銀歯)

…全体が金属でできているクラウンで、金銀パラジウム合金あるいはニッケルクロム合金の2種類があります。

 

メリット:

・金属なので強度が確保される

 

デメリット:

・金属であるため見た目がよくない

・金属アレルギーを引き起こす可能性があり、時間と共に金属の溶けだしによって歯や歯茎の変色の可能性がある

・基本的に保険適用で犬歯よりも奥の歯にクラウンを使用する場合は、全て銀歯を使用・することになります。

 

 

歯医者さんとよく相談して、自分の歯にあったものを選びたいですね。

 

強度も、見た目も、体への優しさも確保されたクラウン…"ジルコニアクラウン"ってなんだ?

セラミック製の白い包丁を見たことがあるでしょうか?

あの素材というのは、人工の歯に使用されています。

歯の治療で大幅に歯を削ったときに、人工の歯として使われるのがクラウンです。

被せものや差し歯とも言いますが、これを残った歯にかぶせるようにして固定し、歯の機能を回復します。

クラウンにはいろいろと種類があり、保険適用外のクラウンになると、種類も価格も様々です。

ここでは保険適用外の中の"ジルコニアクラウン"について書いていきます。

 

ジルコニアクラウンってなんだ?

ジルコニアクランというのは保険適用外のクラウンの中でも、比較的価格設定の高めなクラウンです。

まず「ジルコニア」とはなんでしょう。

ジルコニアというのは人工ダイヤモンドとしても知られている素材です。ダイヤモンドというだけあって、見た目が美しく、強度も強く、軽いという特徴があり、体にも優しいセラミックのひとつです。

身近なところでは、セラミック製の白い包丁の材料として使われていますし、人工関節にも使われています。

ジルコニアクラウンというのは、内部はこの白いジルコニアを使い、外側には見た目がよいセラミックを使うことで、強度も見た目も両立したクラウンです。

 

ジルコニアクラウンのここがスゴイ!

従来のメタルボンドなどのクラウンは強度を保持するために、内面に金属を使用していました。しかし金属を使用するということは、金属が溶け出して歯茎が変色したり、金属アレルギーが起こったりという心配がありました。

しかし、ジルコニアクラウンの場合金属を一切使用していない上、強度も確保されているので、力が多くかかる奥歯にも使用することができます。

また、見た目としてもセラミックを使うことで美しく、時間がたっても変色しない上、汚れや歯垢がつきにくいというメリットがあります。

 

しかし新しく出てきた方法だからこそ、気を付けて!

値段が他のクラウンと比べて高いこともさることながら、まだ新しい方法という部分がデメリットにもなりえます。というのも、全ての歯科医がこのクラウンを絶対にきれいに、持ちよく施術できるとは限らず、全ての歯科医がきちんとした知識を持っているとも限らないのです。

そのためその歯科医院や歯科医の実績などを踏まえて、選択した方がよいでしょう。

 

新しい方法だからこそ、長期的な予後などについてはまだきちんとわかっていません。

不確定な部分がある分、きちんと歯科医と相談し、長期的にメンテナンスをしていける環境であることも必要かもしれません。

 

保険適用内外の歯のブリッジの治療費用

ブリッジは歯の治療の一つです。歯に何か問題があった時に削るという経験をした人は多いと思いますが、削ってそのままにしておくわけにはいきません。削ったままだと歯のかみ合わせが悪いという問題も出てきます。

ブリッジ治療では削られた歯の両隣の歯にかけるようにしてかぶせ物をします。銀歯と呼ばれることもあります。

 

●保険適用内・保険適用外のブリッジ

歯科治療には保険適用内の治療と保険適用外の治療があります。例えば一般的な虫歯は保険適用内の治療ですがホワイトニングをする場合は全面的に保険適用外となるといった具合です。

ブリッジの場合は保険適用内と思われがちですが保険適用外の可能性もあります。セラミックブリッジや保険適用内設計ではない特殊なブリッジを使う場合は保険外診療となりますので注意が必要です。

 

●保険適用のブリッジ治療費用

保険適用内のブリッジの治療費用はその場所によって異なります。奥歯の欠損の場合が最も格安でブリッジ治療のみ(その他処方などを除く形)であれば11000円で治療を受けられます。

一方で保険適用の中でもブリッジ治療費用として高いのは前歯にブリッジをかけるときです。笑った時に見える犬歯までの歯にブリッジをかける場合は保険適用でも38000円の治療費がかかります。

 

●保険適用外のブリッジ治療費

セラミックなどの素材を使ったブリッジ、通常のブリッジとは形の違うブリッジを用いた保険適用外のブリッジ治療費は当然ながら保険適用内のブリッジ治療費よりも高額になります。

保険適用外のブリッジ治療費の目安は最低でも15万円と言われています。

保険適用内と同じで奥歯のブリッジが最も格安です。

一方で高額なものになると80-90万円程度の費用が掛かることもあります。こちらは前歯のブリッジを保険適用外で行った場合です。

 

歯のブリッジ治療は保険適用の場合もあればそうでない場合もあります。保険適用なら最安値で11000円から、保険適用外は最安値で15万円からです。保険適用外で高額なケースだと80万円を超えることもあります。

 

高い治療費をかけたインプラント…治療後放置している人多いのでは?大事なメンテナンスしてる?

インプラントは保険外の歯科治療です。一本数十万円かかりますが、いざ、インプラントを入れ終わると、放置している人も意外と多いのが現実です。でも本当に放置しておいても大丈夫なのでしょうか?

 

インプラントって虫歯になるの?

本物そっくりなインプラントですが、材質的に虫歯には100%なることはありません。ですが、インプラント周囲には炎症がおきやすいので気をつけなければいけないのです。何よりも自覚していただきたいのが、インプラント部分は神経をとってしまっているので、炎症やそのほかの感染症になっても自覚症状がないので気がつきにくく、手遅れとなりやすいということです。

インプラントをきちんと維持するには日々のブラッシング(歯磨き)や、定期メンテナンスを受けることが大切となります。

 

インプラントの定期メンテナンスって?

《時期》

通常の歯の歯科検診と同じように3ヶ月~6ヶ月に1回は必ず行くようにしましょう。

《内容》

・インプラントを埋め込んだ周辺に変化がないか確認

(歯周病や、炎症がないか)

・噛み合わせのバランスを診る

(天然の歯は自然に調整がききますが、インプラントにはそれは不可能です。噛み合わせがうまくいかない状態で使い続けると無理に力が加わってしまい破損等の恐れがあります)

・歯のゆるみがないかチェック

 

自覚症状の出にくいインプラント部分の炎症

インプラントの周辺で一番起きやすいのがいわゆる歯周病です。

まず初期段階として、「インプラント周囲粘膜炎」になります。コレは通常の歯でいうと歯肉炎になります。この段階でスケーリングなどを行い、歯垢を除去すれば悪化することはありません。

ですが、これを放置すると「インプラント周囲炎」、いわゆる歯周炎になり、治療が困難になります。そうならないためにも早期発見、早期治療が大切なのです。

 

 

高いお金を払って治療したインプラントです。放置してインプラントの除去や再手術ということにならないよう、定期的にメンテナンスをするように心がけましょう。

 

入れ歯をすると食事がまずくなる…そんな問題を解決してくれる新しい入れ歯があるんです!

高齢になって入れ歯をする人は多くいます。その時に問題としてあるのが、食事が不味くなったという問題です。

なぜ、舌の機能はそのままのはずなのに、なぜ入れ歯になっただけで、食事の味が変わってしまうのでしょうか。

 

入れ歯をするようになって食事がおいしくなくなった…

総入れ歯にすると、入れ歯がなしの場合に比べて、口の中の味の広がり方が変わります。

特に味というのは舌だけではなく、上顎も味覚を感じる役割を持っています。

そのためそれまで感じていた味が何だか変わったように感じ、食事を美味しく感じられなくなってしまいます。そのせいで食欲が低下してしまうことがあるのです。

 

これを解決する「トルティッシュ義歯」ってなんだ?

入れ歯の中には、歯茎の部分に金属がついている金属床義歯という種類の入れ歯があります。これは非常に機能がいい入れ歯なのですが、やはり上顎を覆ってしまうので、味覚は入れ歯がないときとは違います。

トルティッシュ義歯というのは、この上顎で感じる味覚を改善した金属床義歯です。

 

なぜ味を感じられるのか?

トルティッシュ義歯は、上顎を覆っている金属に無数の目に見えない穴が開いています。それによって食べ物の味がその穴を通り抜けて上顎に達し、味を通常の場合と同じように感じることができるのです。

 

多孔質金属メッシュプレートという金属

トルティッシュ義歯に使われている金属というのは、多孔質金属メッシュプレートという金属です。これは特殊に加工された金属で、目に見えない数ミクロンの穴が何十万個とあいています。それによって食べ物の味を感じることができるのです。

 

 

入れ歯にして食欲が減退してしまうことは、特に高齢の方にとっては非常に大事な要素です。ただし穴が開いていることで食べ物の細かいカスがつまりやすいことも事実です。そのため手入れは丁寧にこまめに行わなければいけません。

 

保険適用部分入れ歯のメリットとデメリット

やむなく抜歯をした場合、その場所をそのままにすると歯としての機能が保てず、他のトラブルに発展する可能性があります。そのため人工の歯を使用しますが、ただ人工の歯を入れただけでは不安定なため、隣り合わせた歯に支えてもらうブリッジという方法をとります。ブリッジができない場合には部分入れ歯によって歯を安定させる方法が考えられます。

今回は部分入れ歯についての説明とメリットデメリットについてまとめました。

 

部分入れ歯

部分入れ歯を選択する際には、保険適用と保険適用外の選択肢が出てきます。保険適用の部分入れ歯の場合は、入れ歯を支えるために金属のばねを歯に引っかける必要があります。金属を引っかけるということで、見た目としても金属の部分が見えてしまって見た目が悪くなってしまいますし、物を噛む力は天然の歯の2~3割程度になってしまいます。保険適用外の部分入れ歯であれば金属の部分がついていないものなど様々なタイプのものが選択できます。

 

部分入れ歯のメリット

ー症例を選ばない

ー保険適用では安価

ブリッジの場合には前後の歯と状況などによって治療が受けられない場合がありますが、部分入れ歯の場合はほとんどの症例で使用することができます。

 

部分入れ歯のデメリット

ー見た目が良くない

ー虫歯が生じやすい

ー違和感が強い

ー徐々に合わなくなることがある

金属のばねの部分が見えていると、見た目が良くないのは想像できると思います。また、部分入れ歯に接している歯が虫歯になりやすいということも言えます。また、器具が口の中にあることで違和感を覚えることも多く、あごが痩せてしまうことによって、徐々に器具が合わなくなることがあります。そのため定期的な調整が必要になります。

 

 

部分入れ歯というのはいくつかある中の選択肢の一つです。メリットやデメリットをよく知った上で選びましょう。

(Photo by: [http://www.ashinari.com/2008/06/30-005016.php?category=34])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-05-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

歯に関する記事

親の歯並びが子どもに遺伝するって本当?歯並びが悪いことの影響とは?

子供のころから歯並びが悪かったけれど、親の歯並びも悪かったのでしょうがないと...

キシリトール入りの製品を食べると腹痛が~原因と上手に摂取するための注意点とは

 キシリトール配合のガムやキャンディのパッケージに、「一度に多量に食べるとお...


歯茎に膿がたまったとき 歯肉炎の治療法と時間・料金や改善のためのハミガキなど

歯茎に膿が溜まったときには自分で出すことはお勧めしません。自分で膿を出そうと...

歯医者の麻酔に副作用はあるの?...様々な歯にまつわる疑問!

 全身麻酔というのは体験したことがあるという人は案外少ないかもしれません。全...

カラダノートひろば

歯の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る