カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 噛み合わせ >
  5. 気になる噛み合わせ!普段の生活から予防・改善しよう!その方法

気になる病気・症状

気になる噛み合わせ!普段の生活から予防・改善しよう!その方法

 

 

噛みあわせは普段自分ではわからないものです。噛みあわせの悪さは、日々の積み重ねで少しずつ体に変化をもたらしていくもので、ある程度進行してから顔の歪みや頭痛といった形で症状が見られるようになります。

 

噛みあわせを悪くするのはこんな行動

左右のどちらかの歯ばかりでものを噛む癖がある場合や、よく頬杖をつく場合、噛む力が弱く普段かたいものをあまり噛まない場合は噛みあわが悪くなっている可能性があります。特に実際に歯をみたときに上下の歯の中心がずれていたり噛んだときにこもったような音がする場合にはすでに噛みあわせが悪くなっている可能性があります。

 

日常生活の中で噛み合わせを改善!

噛みあわせは日々の蓄積によって起こるものです。ですから自分でそれを打ち消すようなことをすれば改善できるということになります。自分で出来る改善方法には以下のようなものがあります。

 

ガムを噛む

…噛みあわせの治療を専門としている医師には、数回左右の歯で物を噛むことによって噛みあわせを改善する方法を行っている人もいます。このようにして1日当たり30分ほど前後左右でバランスよくガムを噛むようにすると、一定の噛みあわせの改善効果が得られるようです。

 

ベロ運動

…ベロ運動とはベロをまわす運動のことです。ベロをまわすことは顔の筋肉を使います。これによって口の周りの筋肉の緊張をほぐすことができますので筋肉が元の位置に戻りやすくなります。

唇を閉じて、ベロを歯の外側に這わせるようにしてまわします。

2~3秒に1周くらいのペースで右回り20回、左回り20回、朝昼晩の1日3回行います

顔の筋肉が弱っている人は10回程度からきつく感じるそうです。

 

バランスよく噛む

…基本的には物を噛んでいるときに噛みあわせが崩れていきますから、食事をしている時に気をつけられるのが、予防にも改善にもなります。

 

 

こうした改善策もありますし、日々行えば効果的ですが、噛みあわせが目に見えて悪くなっているような場合には一度歯科医院を受診した方が賢明でしょう。 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2009/12/07-032166.php])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

噛み合わせに関する記事

口の中の血豆、放っておいていいの?!

口の中をあやまって噛んでしまった!! なんて経験、よくありますよね。  ...

歯の噛み合わせに影響するかもしれない!歯に負荷がかかる歯ぎしりの3つのタイプ

  「歯ぎしり」と一言で言っても実際は3つのタイプに分類することができます。 ...


心当たりはない?噛みあわせを悪くしている原因と噛みあわせによるトラブル

    自分の噛みあわせは正しい噛みあわせでしょうか。 歯の白さや歯並びと違って...

親の噛みあわせが悪い…噛みあわせって遺伝するの?それとも環境で決まるの?

  歯が生えてそろってくると気になるのが歯並びや、噛み合わせです。なんだか自分...

カラダノートひろば

噛み合わせの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る