カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 不眠・睡眠障害 >
  3. 日中眠い >
  4. 徹夜のお供、コーヒー…実はカフェインの取り過ぎは逆に眠気を誘う!?

不眠・睡眠障害

徹夜のお供、コーヒー…実はカフェインの取り過ぎは逆に眠気を誘う!?

眠気解消のお伴といえばコーヒーという方も多いのではないでしょうか。コーヒーに含まれるカフェインが眠気を飛ばす成分であるため、今夜は徹夜になりそうという日には、事前にしっかりコーヒーを飲んでおくという方もいると思います。

 

ですがそんなコーヒーは、飲みすぎると眠気解消どころか眠気を誘発してしまうということがわかりました。

 

利尿作用が眠気を呼ぶ

コーヒーにはカフェイン以外にも成分があり、さまざまな作用があります。その一つが尿の量を増やす、体の水分を排出する利尿作用です。

 

コーヒーの利尿作用が働くと体全体から水分がなくなって、血流が悪くなります。血流が悪くなると脳や臓器に十分な栄養が行かなくなって疲れ、眠くなってしまうのです。

 

コーヒーを飲みすぎるとだるくなるという方は、コーヒーの飲み過ぎで眠くなる可能性も高いので気を付けてください。

 

コーヒーの眠気解消作用は弱い!?

コーヒーの飲み過ぎによって利尿作用が引き起こされ、眠気につながるほかに、コーヒーは元々眠気解消作用はあまりないのでは?という意見もあります。

 

眠気覚ましに必要なカフェイン量は250㎎程度で、コーヒー1杯には100㎎程度しかカフェインが含まれません。つまり最低でも、コーヒー2杯半程度を飲まないと、眠気は飛ばないということです。

 

利尿作用に邪魔されることも考えると、カフェインによる眠気解消作用は期待できないのではないかと最近では言われるようになりました。

 

コーヒーは一般的にカフェインによる作用で眠気を飛ばすと思われがちですが、実は利尿作用があることから、眠気を逆に誘発する危険性も持ち合わせています。

 

コーヒーの持っているカフェイン量は眠気覚ましのカフェイン量に対して少ないので、コーヒーの眠気覚まし効果に疑問を呈する声もあるようです。

(Photo by:足成

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

日中眠いに関する記事

日中に眠気…過眠症とは?

  十分な睡眠がとれていないことで昼間に眠気に襲われるのは当たり前なのですが、...

昼間の短時間の睡眠は良い効果をもたらす?!大人に昼寝は必要?

乳幼児期、児童期、思春期の子どもにとって、脳と体の発達のために昼寝をするのは悪...


吐き気を伴う眠気?!原因は一体何?

眠気の他に吐き気もあるという場合は体の異常ではないかと心配になりますね。 ...

日中の眠さは歯ぎしりのせいかも!

  睡眠時間は十分に取れているはずなのに日中やけに眠たくなるという人は睡眠時に...

カラダノートひろば

日中眠いの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る