カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 病院 >
  5. 基礎知識 >
  6. 糖尿病の治療を続けるために知っておきたい2つのこと

生活習慣病

糖尿病の治療を続けるために知っておきたい2つのこと

糖尿病治療は途中であきらめてしまうという方が多いのが問題とされています。

糖尿病になると基本的には定期的な通院によって血糖コントロールの指導を受けたりしなければならないので一生病院に通うことが多いです。

経済的な負担および心理的な負担、仕事の事情などから病院に通わなくなる人は糖尿病患者の4割にも上ると言われているのです。

 

●医療費控除と治験で負担軽減

糖尿病の治療を続けるために医療費の負担を減らすということも考えてみてください。

医療費負担を減らすひとつめの方法は医療費控除です。年間10万円以上の自己負担がある場合には医療費控除が受けられます。

所得控除によって税金が浮くので最終的には来年度も糖尿病の治療に使うお金を残しておけるというメリットも生まれます。

確定申告の際に医療費控除の申告も受け付けています。

その他には治験を受けるという手段もあります。治験の場合最新医療が受けられ、医療費負担の軽減にもなります。

ただし、飲み合わせの問題や副作用の危険性など注意が必要な面もあります。

 

●医療スタッフとのコミュニケーションをしっかり!

糖尿病の治療中断の理由のもう一つは心理的な負担です。医師との相性は誰にでもありますし、それはスタッフとの相性の場合も同じです。

お互いに『糖尿病の改善』を目的としている1つのチームのようなものですから積極的にコミュニケーションを取っていくのをお勧めします。

患者の側から見てどうしても合わない・許せないと思う部分があるのでしたら思い切って伝えるのも良いですし病院を変えて治療する方法もあります。

 

糖尿病は治療中断率の高い病気とも言われており、治療中断の原因となるものには心理的な負担や経済的負担があります。

経済的負担を減らすためには医療費控除の利用、糖尿病治療の治験を受けるなどの方法が存在します。 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/10/30-372317.php])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

糖尿病の教育入院にかかる期間と費用はどれくらい?

糖尿病の治療の一環として存在しているのが教育入院です。糖尿病における教育入院と...

長い糖尿病治療…難しい食事療法は病院を頼ろう!

  生活習慣病である糖尿病を発症すると、何よりもまず血糖値を下げることを目標に...


OK?NG?糖尿病患者への「食べ物」の差し入れ

  糖尿病などの生活習慣病は、生活習慣の積み重ねによって起こるもので、生活の仕...

糖尿病検査入院の期間と費用はどれくらい?3泊4日の検査入院が一般的…ではその値段は?

  糖尿病での入院は合併症などが出た場合の緊急入院、糖尿病を学ぶための教育入院...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る