カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 血液・血管 >
  4. 貧血 >
  5. 貧血症状で起こる氷食症って何?

気になる病気・症状

貧血症状で起こる氷食症って何?

 

飲み終わったコップの中の氷を、バリバリと食べる人というのがいます。氷はただ水が固まっただけのものですから、栄養はありません。しかしそうした栄養価のないものを、無性に食べたくなるという人がいます。

 

 

氷食症

 

異食症という症状があるのを知っているでしょうか。異食症とは、土や紙など栄養価のないものを無性に食べたくなる症状のことを言います。この異食症の中の一つが氷食症で、異食症の中で最も多く見られる、氷を好んで食べるという症状です。氷が好きで食べるというよりも、氷が好きでもないのに無性に食べたくなるといったものです。

 

貧血症状としての氷食症

 

氷食症は、鉄欠乏性貧血の症状のひとつとして見られることが多くあります。氷を無性に食べるという症状だけを見ると、精神疾患のように見えるかもしれませんが、多くの原因は鉄欠乏にあります。この貧血症状としての氷食症は、妊娠中の女性に多く見られるようです。しかし近年は妊娠中でなくても、鉄欠乏症貧血の女性が増えているからか、若い女性にも多く見られるようになってきたそうです。あるデータでは、生理などで貧血になりやすい女性は、約2割がこの氷食症を発症したことがあるという報告もあります。

 

なぜ氷が食べたくなるのか

 

氷食症のメカニズムは正確には分かっていません。一つの考え方としては鉄欠乏によって、脳内にある神経伝達物質のセロトニンの影響で起こっているというものもあります。セロトニンという脳内伝達物質は、生体の過度な刺激を調節することによって、行動への抑制作用があります。セロトニンの働きが阻害されることによって、行動の抑制がきかなくなり、氷食症がおこるというものです。また他の考え方として、赤血球が不足することによって、脳に十分な酸素や栄養が届かず、自律神経に支障をきたして体温調節がうまくできなくなり、氷を食べてしまうという説もあります。

 

 

こうして考えてみると、もしかしたら、知らない内に氷食症を発症しているという人もいるかもしれません。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/08/28-368199.php])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

貧血に関する記事

これで私も貧血知らず!貧血予防によい食材は○○!貧血による体への恐ろしい影響

立ち上がった時に目の前が真っ暗になりフラッとしてしまう・ふとした時に視界がおか...

発作性夜間ヘモグロビン尿症とは

    発作性夜間ヘモグロビン尿症とは、血液を作る造血幹細胞に異常が起こり溶...


貧血の原因が不明であるとき「スポーツ性貧血」を疑ってみる

  最近毎日のように体が重く、階段を少し上るだけで激しい動悸と息切れがする…。...

遺伝性球状赤血球症とは

     遺伝性球状赤血球症とは、先天的な赤血球膜の異常によって赤血球が球状...

カラダノートひろば

貧血の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る