カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 血液・血管 >
  4. 貧血 >
  5. 慢性貧血の眠気~メカニズムと対処法~

気になる病気・症状

慢性貧血の眠気~メカニズムと対処法~

 

貧血は赤血球の数が少なくなってしまうことによって、体の至る所に酸素が十分に運ばれないために、様々な症状があらわれます。

 

 

慢性貧血が引き起こす眠気

 

貧血の状態が続くと、緩やかに貧血による症状があらわれてきます。慢性貧血の診断には、血中のヘモグロビン血が使用されます。これは赤血球の量のことで、赤血球は酸素を運ぶ役割があります。その赤血球が少なくなってしまうことで、全身が酸素不足の状態になります。人間は酸素を燃やしてエネルギーを作っていますから、酸素は人が活動するために欠かすことができません。この状態では当然脳のエネルギーも不足してしまいます。すると脳が自分を守るために機能を抑えようとして、眠りに移行していくのです。慢性貧血の場合、一日中眠さが続いたり、頭がさえなくてダラダラしたり、判断欲が低下するといった症状になります。

 

対処法

 

眠気を抑えるというよりも、貧血を改善するという方が効果的に対処することができます。まず行うのは食生活の見直しです。貧血というと鉄分を補えばよいと思いがちですが、それだけでは足りません。赤血球は鉄分とタンパク質でつくられています。ですから鉄分だけではなく、同時にたんぱく質も十分に摂取しなければなりません。その点で言うと鉄分が豊富でたんぱく質も摂取できるレバーは、最も適した食品ということになります。特に慢性貧血を生じている人は、動物性の食品の摂取が少ない人が多いようですので、意識して摂取するようにしましょう。もちろんサプリメントなどで摂取する方法もあります。

 

 

こうした貧血は圧倒的に女性の方が多く、男性は女性とは違い貧血になりにくいようです。しかし男性で貧血が疑えるのであれば、内臓にトラブルが生じている可能性がありますので、適切に検査などを受けた方がよいでしょう。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2009/07/21-024617.php])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

貧血に関する記事

これで私も貧血知らず!貧血予防によい食材は○○!貧血による体への恐ろしい影響

立ち上がった時に目の前が真っ暗になりフラッとしてしまう・ふとした時に視界がおか...

発作性夜間ヘモグロビン尿症とは

    発作性夜間ヘモグロビン尿症とは、血液を作る造血幹細胞に異常が起こり溶...


貧血になりやすい人の傾向とその症状

  貧血になりやすい人、なりにくい人というのはいます。そして貧血の症状も様々で...

副腎皮質ステロイド薬が第一選択~自己免疫性溶血性貧血の治療

  自己免疫性溶血性貧血は、免疫機能に何らかの破綻が生じ、自分の赤血球を攻...

カラダノートひろば

貧血の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る