カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. 群発頭痛 >
  4. 対処・予防法 >
  5. 群発頭痛の2つの治療法、2つの予防法

頭痛

群発頭痛の2つの治療法、2つの予防法

 

群発頭痛の治療は群発期の治療と寛解期の治療に分かれています。
群発期の治療を発作時治療、寛解期の治療を予防治療とする場合もあります。
ここでは2つの発作時治療と2つの予防治療を見ていきます。

 

●酸素吸入による治療
群発頭痛の発作に対して非常に有効なのが酸素吸入による治療です。
酸素ボンベから酸素を吸入することで速やかに痛みを取り去ることができるので、群発頭痛の治療には欠かせません。
使うのは純度100%の酸素で、吸入にかかる時間は15分程度と言われています。

 

●薬による治療
発作時に使われる薬はスマトリプタン系というもので、皮下注射や飲み薬として利用します。
酸素吸入と同様に医師の処方、指導がなければ使うことは出来ません。

 

●薬による予防
群発頭痛の群発期がわかったら予防することも出来ます。
どの時期に起きる、どの時間帯に起きるかということを調べて、それに合わせて予防薬を摂取します。
発作の時間帯がわかっているなら発作の2時間前くらいに薬を飲みます。

 

●日常生活での予防
群発期が近づいて来たら飲酒などは控えるようにします。
群発期に入ったら禁酒しなければなりません。
また、睡眠生活や食生活など総合的な意味での日常生活の送り方について、医師から指導を受けることもあると思います。
群発期が来た時の症状を軽くするためにも、日常生活には気を配った方がよいです。

 

(Photo by //www.ashinari.com/2011/07/19-348512.php)

著者: 巻さん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

対処・予防法に関する記事

重度の頭痛を起こす群発頭痛は予防できるの?~頭痛に予防と穏和~

  群発頭痛の起こりやすい年代は20~30代です。特に男性に起こりやすく、...

群発頭痛の痛みが出るときはどんな時?群発頭痛が起こるタイミングについて

    群発頭痛は20代後半~40代といった働き盛りの男性で起こることが多い...


群発頭痛の人が特に気を付けたいポイント

  辛い群発頭痛持ちの方がこれ以上症状を悪化させないためにできる工夫やポイ...

群発頭痛を発生しやすくする要因を知って頭痛予防をしよう!~頭痛の予防法~

  群発頭痛とは、働き盛りの20代後半から40代の男性において発生しやすい...

カラダノートひろば

対処・予防法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る