カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. 群発頭痛 >
  4. 基礎知識 >
  5. 群発頭痛が起こる仕組みを知ろう!

頭痛

群発頭痛が起こる仕組みを知ろう!

 

群発頭痛の仕組みを見ていきます。

 

●群発頭痛はわからないことだらけ?
群発頭痛は実はわからないことが多いと言われています。
研究が進められてはいるものの、いまだに謎の部分も多く、全てが解明されるのはまだ先になりそうです。
特に大きな謎とされているのが群発期寛解期の存在です。
他の頭痛には見られない特徴で、どのように体が群発期と寛解期を起こしているのかはわかりません。

 

●内頚動脈の拡張
群発頭痛についてわかっている数少ない仕組みが、内頚動脈の拡張というものです。
内頚動脈とは血液が流れる動脈のひとつで、眼球の奥にあるものです。
この眼球の奥の内頚動脈が拡張することによって周囲の神経が圧迫され、痛みを引き起こします。
目の近くの動脈に異常が起こるため、群発頭痛では目がえぐられるような痛みがあるというわけです。

 

●内頚動脈拡張の原因は不明
群発頭痛が起きているときに内頚動脈が拡張するということはわかりましたが、なぜ内頚動脈が拡張するのかということはわかりません。
そのため、内頚動脈を拡張させない薬は現状では存在しません。

 

●群発期と寛解期は体内時計に関連している?
群発期と寛解期に関する研究で、『体内時計の乱れが群発期・寛解期という違いを作り出す』という説が出ています。
1日、1年といった体内時計のリズムのどこかに乱れが生じることで群発期が起こるのではないかと考える学者もいます。

 

(Photo by //www.ashinari.com/2012/12/24-374447.php)

著者: 巻さん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

目の奥がえぐられる!?かなり痛い群発頭痛ってどんな頭痛?頭痛の解消方法

転げまわるほどの頭痛というと、何か危険な病気が隠れているのではないかと思うか...

ここが違う!群発頭痛と片頭痛!

    非常に強い頭痛を伴うといった点では共通する片頭痛と群発頭痛ですが、こ...


群発頭痛の簡単なセルフチェック

  群発頭痛かもしれない、と思ったら一度セルフチェックをしてみてもよいかも...

日本と外国では群発頭痛のここが違う!

  頭痛の中でも最も痛みが強いとされる群発頭痛ですが、最近では病名が広く知...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る