カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 血液 >
  5. 採血後の不調…原因となる迷走神経反射とは?

健康診断・健康管理

採血後の不調…原因となる迷走神経反射とは?

 

採血をした後に、具合が悪くなりやすい人というのがいます。採血後に頭が痛くなったり、気分が悪くなったり、めまいや耳鳴りがしたりといった症状が出て、倒れそうになるほどふらふらになったり、実際に倒れてしまったりと言った症状が見られるのです。多くの場合、少し時間をおけば体調が回復しますので、特に気にしていないという人が多いようです。

 

 

迷走神経反射の可能性

 

採血で体調が優れなくなるというと、貧血や低血圧といった症状を疑うと思います。しかし、実際それらとは関係のないことが多くあります。こうした体調の変化の原因として考えられるのが、迷走神経反射です。迷走神経反射とは、強い痛みや精神的なショック、ストレスなどが原因となって引き起こされるもので、冷や汗や顔面蒼白、失神などの症状が見られるものです。

 

迷走神経反射をもっとくわしく

 

採血後の体調の崩れが迷走神経反射によるものだとすると、採血の際に針が刺さったときの痛みや、血液が抜かれることに対する精神的な負担が刺激になって、迷走神経求心枝を介して、脳幹血管運動中枢が刺激されます。これは、心拍数の低下や血管拡張による血圧低下などを引き起こす人の体の反応で、脳幹血管運動中枢からの刺激が、末梢各臓器の運動枝を介して伝えられます。運動枝は骨盤内臓気以外の臓器に分岐しますので、気管咽頭や消化器機能に影響が出て、体の不調が生じます。本来は体の防衛反応なのですが、過剰反応をきたした際に身体異常としてみられることになります。

 

つまり簡単に書くと

 

少し難しく書いてしまいましたが、採血時の刺激が原因となって迷走神経という神経が刺激され、自律神経のバランスが崩れてしまい末梢の血管が拡張し、血圧が下がることによって起こるということです。特に自分は精神的な負担に思っていないと思っていても、体は負担に思っているということがあるようです。

 

 

「迷走神経反射」という言葉を調べても、採血時に気分が悪化して倒れた際の原因と記されています。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/09/28-370800.php])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

血液に関する記事

採血失敗...血管が細く採血がうまくいかない人のための3つ

  血管が細い人は、うまく針を採血に使う静脈に刺すことができなくて、採血をする...

採血のしやすい人、しにくい人の違いとは?

  人によって血管の巡り方や、血管の太さは実に様々ですから、人によって採血をし...


採血のショックで頭痛が起こることがある?

健康診断などの機会があって、採血をすることは大人になってもしばしばあると思いま...

カラダノートひろば

血液の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る