カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. ダイエット >
  4. 新陳代謝 >
  5. 冬太り対策にも!活動量&体温維持で冬太りを防ごう!

美容・ダイエット

冬太り対策にも!活動量&体温維持で冬太りを防ごう!

 

冬に太ってしまうのは、ある意味当たり前のことであるといえます。人と集まって楽しく飲食する機会が増えますし、自分の体型に意識が向かなくなるからです。しかし当たり前だからと言って、冬太りを黙って見過ごしてよいのかというとそうではありません。 

 

活動量が減りカロリー消費も減る

寒い環境にいると動きたくなくなり、活動量が減り、日常的な身体活動をしていても、いつも通りにはカロリーが消費されません。そうしたことを肌で感じているからか、人は「気温が上がってからダイエットを始めたほうがいい」と思いがちです。それはそれで正しい考えなのですが、だからと言って冬の間何もしないで過ごてしまうのは、いささかもったいないような気がします。

そもそも人の代謝機能は、気温の上下に従ってすぐに上がったり下がったりするものではありません。代謝は春先にかけて暖かくなってきたのを体が感じ、それから数週間から数か月かけてゆっくりとあがっていくものです。

 

活動量を維持

冬の間に活動量が落ちるといっても、動くことを意識しておけば、冬の間もそれなりに日常的な身体活動によってカロリーを消費できますし、春のダイエットも好スタートがきれるでしょう。

 

体温が下がらないように 

冷え性などの人は特に、体が極端に冷えてしまって体の代謝が下がります。なので、冬は出来るだけ体温が下がらないように暖かいものを摂取したり、お風呂にじっくり入って体を温めるなどしましょう。代謝の低い体で無理に運動するよりは、よいかもしれません。これによって、代謝が下がり切らずに春のダイエットもスムーズに行えることでしょう。 

 

体温を上げないように注意し、代謝を高い場所でキープして冬太りを予防しましょう。 

(Photo by:写真AC)

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

新陳代謝に関する記事

スロートレーニングで筋肉の量を増やす!新陳代謝も良くしよう!

女性は、筋力トレーニングが苦手のようです。 男性はムキムキの筋肉質体系を望むた...

夏は基礎代謝量が低下する?!夏太りの原因は生活環境にあるかも…

最近では、夏バテで食欲が減って夏痩せするよりも、逆に夏太りをするという人が増...


痩せる体質を作るふくらはぎの揉み方はこれだ!(前編)

        「しっかり運動をしているのになかなか体重が減らない…」など、...

「温めるだけ」ダイエット!体の中の重要臓器○○を温めれば、基礎代謝が上がってダイエットに!

「肝臓」と「ダイエット」は一見関係がないように思えます。しかし簡単にダイエッ...

カラダノートひろば

新陳代謝の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る