カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. ダイエット >
  4. 知識 >
  5. イベント、寒さ、厚着に蓄積…冬太りの原因4つと太らないコツ!

美容・ダイエット

イベント、寒さ、厚着に蓄積…冬太りの原因4つと太らないコツ!

 

冬の時期は、年末年始で人とお酒を飲んだりする機会が増えます。その点でも太りやすいといえるのですが、何よりも冬の気温の低さがそれを助長している点にも問題があります。

 

イベントが盛りだくさん! 

日本の場合、冬はクリスマスにお正月といった美味しいものを食べる機会が増えます。他にも忘年会や新年会といった、飲食の機会が集中しますので、いつも以上にたくさん飲んだり食べたりする機会が増えます。

 

身体活動が減る

冬は外の空気が寒いために、外出を控えがちです。家の中では当然、体の活動量が減りますから、消費カロリーも減ってしまいます。ダイエットのためにと思って外に出て運動をしようとしても、こんな寒いときにわざわざ運動をしなくてもと思ってしまいがちです。

 

肌を出すことがなくなる

冬は夏と違って、肌の露出が極端に減ります。厚着をするとボディラインが出にくくなりますし、それゆえに、夏なら気にするような細かい部分の太さも気にならなくなり、異性の目をあまり意識しないようになります。ですからダイエットの方に意識が向かないようになってしまいます。

 

脂肪を溜めやすくなる

野生の動物でも冬は冬眠する動物がいるように、多くの生き物は秋の準備期間に体に栄養を蓄えて、食べ物が少ない寒い季節を乗り越えようという行動をとります。

 

人間は冬に食べ物が少なくなることはありませんが、それでも動物と同じように、体の防衛本能が働きます。というのは、気温が下がることによって体の代謝が下がるので、その時に体内にある脂肪や栄養を大切に保存しようとします。また、新しく入ってきた栄養素なども体に蓄積しようとするので、さらに体に脂肪が蓄積されてしまうことになります。

 

食べすぎ飲みすぎ後は自分に厳しく

冬は美味しい食べ物、高カロリーな食べ物が豊富な時期でイベントも相まって、太りやすくなります。沢山食べた次の日は少し控えめに、週末にプチ断食などで調整をしましょう。

美味しいものを沢山食べて甘やかした分、次の日は厳しく節制する。

コレが太らないポイントといえそうです。

 

冬は本能的にも太りやすい季節と言えます。体を露出することがなくても、自分の体に対する意識は保っておきたいですね。

(Photo by: //www.ashinari.com/)

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

知識に関する記事

食べないダイエットで起こる「低血圧」なぜ食べないと低血圧になってしまう?

  女性は、常にダイエット中という方もいると思います。ダイエットの方法も色々とあ...

低GIダイエットで健康的にスリムになろう!

    摂取カロリーを低く抑えるため、カロリーを気にして食事をするという...


美味しい季節の食べ物!でも体重が変動しやすいって本当?どうすればいい?

  その季節の旬のものを食べたりすることは、そのときに栄養の高いものを摂取したり...

毎日決まった時間に測る、食事後に測る…ダイエットのための正しい体重の測り方!

  ダイエットを成功させるために、最も必要なのは正しい測量です。とは言っても、特...

カラダノートひろば

知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る