カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. ダイエット >
  4. 新陳代謝 >
  5. 夏と冬の基礎代謝を比べて冬太り夏痩せを考える~脂肪分解に作用するホルモン~

美容・ダイエット

夏と冬の基礎代謝を比べて冬太り夏痩せを考える~脂肪分解に作用するホルモン~

 季節ごとに体重の増減が激しいという人もいると思います。

夏には痩せてしまうのだけれど、冬には太ってしまうという人もいるでしょう。

それぞれの状況によって理由も少しずつ変わってくると思いますが、考えられる理由の一つが基礎代謝の影響です。

 

夏と冬の基礎代謝

夏は当たり前ですが気温が高いので、体温と気温の温度差が小さいです。

近年は40℃を超える気温になる日も見られるようになってきましたが、それでも暑い場合、人は汗をかいて肌が感じる気温を和らげる機能を持っています。

 

外気との温度差が小さいということは、頑張って体の機能を保たなくてもよいわけですから、代謝機能が高くなります。

つまり基礎代謝が高い状態になり、痩せやすくなるのです。

 

逆に冬は外気と体温との温度差が大きくなります。

そのため体温維持の方にエネルギーをたくさん取られてしまって、代謝にかけるエネルギーが小さくなってしまいます。

ですから、冬は基礎代謝が低い状態になります。

 

+夏の悪い食生活が夏痩せ、冬太りをまねく

夏はつい食べやすいものを食べてしまいがちです。

暑いから体のエネルギーが食の方に向かなくなるのですね。

そうすると食事の量が減って摂取カロリーが減ってしまったり、さっぱりしたものを好んで栄養価が偏ってしまいがちになります。

これによって起こるのが夏痩せですが、こうした栄養バランスの偏りも基礎代謝を下げる要因になります。

すると当然代謝される脂肪の量が少なくなり、体に脂肪が蓄積されてしまうようになります。

 

特に食事によって落ちた基礎代謝は、気温によって変動した基礎代謝よりも戻りにくいとされています。もしかしたら、冬の太りやすさは夏の自分の食生活が招いたものかもしれません。

 

マカや酵素で冬太り対策をしましょう!

冬は気温が下がってしまうために、体のカロリーを消費する基礎代謝が下がることによって、夏と同じカロリーを摂取していても体に脂肪として蓄積されてしまいがちです。

 

冬は人と飲食をする機会も増えますから、「今ダイエット中で」と言って楽しい席を自分だけ我慢をするというのも、何だか気が引けますし楽しくありません。しかし、はめを外して食べ過ぎてしまうと、冬の厚着の下に隠れてブクブクと太っていってしまいます。

 

ならば、冬でもなるべく太らないような体をつくれないでしょうか。 

 

基礎代謝を下げない方法 

気温が下がると基礎代謝が下がり、カロリー消費が少なくなると書きました。では気温が下がっても、代謝が下がらないようにする方法はないのでしょうか。

 

マカで基礎代謝を下げない

強い生命力を持つとされるマカには、パワーの源になるグルコシノレートという成分をはじめ、アルギニンや離人と言ったアミノ酸、ビタミン、ミネラル、不飽和脂肪酸、サポニンなど体のバランスを整える成分が多く含まれています。

 

こうした成分から、マカを摂取することは、血管を広げて血流を良くする効果があると実証されています。冬場は、血管が収縮して血流が鈍くなることによって代謝が落ちてしまいますので、マカによって代謝が下がってしまうことを予防できます。

 

酵素で基礎代謝を下げない

酵素とは、酸素の細胞内でつくられるタンパク質性触媒の一種です。酵素は人の生命活動に欠かせないものなのですが、酵素の量と活性度は人の健康状態に大きな影響を与えます。

 

人は摂取したものを消化する過程で、毒素を生成します。この毒素を解毒するためには大量の酵素が必要となり、食べ物や腸内環境が悪いと減ってしまいます。

 

体の中の不要物を適切に排泄することは、摂取することと同じくらい重要なことですから、酵素を適切にとれれば、排泄が適切に行えます。 

 

運動をすることも基礎代謝を上げる方法として有効ですが、こうした方法も併せて試してみてはいかがでしょうか。 

 

セロトニンは脂肪の燃焼と関係する?脂肪分解に作用するホルモン

セロトニンとは鬱病や不眠症に関係するとして注目されている体内で分泌されるホルモンです。

さらに、このセロトニンには脂肪の燃焼に関わると考えられる機能があると近年報告されています。

 

今回はセロトニンと脂肪の燃焼の関連性について「セロトニン (5-Hydroxytryptamine, 5-HT) 受容体サブタイプ 2A (5-HT2A receptor)のシグナリングカスケードは、脂肪組織のアディポネクチンとPAI-1発現を調節する」という論文を参考として紹介します。

 

セロトニンはどこで作られるの?

セロトニンを分泌する器官として有名なのが脳の視床下部ですが、セロトニンの90%は小腸で作られます。その後血液中に分泌され、各器官に働きかけます。

 

脂肪細胞の本来の役割

脂肪細胞の役割としては、エネルギー貯蔵器官としての役割とアディポネクチン、レプチン、レジスチンなどのさまざまな生理活性物質を分泌する内分泌器官としての役割があります。

 

エネルギーを貯蔵しすぎると脂肪細胞が多くなり、内分泌器官としての役割である生理活性物質をこの多くなった脂肪細胞分過剰に分泌してしまいます。

 

生理活性物質が過剰に分泌されると脂質異常・高血圧・糖尿病などのメタボリックシンドロームを引き起こす原因となります。

 

セロトニンは脂肪分解にどう作用するの?

セロトニンとセロトニンが結合するセロトニン受容体が増加するとアディポネクチンとPAI-1という物質を生み出す遺伝子の発現を調整すると考えられています。

 

アディポネクチンの作用は肝臓や骨格筋で脂肪の燃焼を促進させる物質の分泌をうながし、PAI-1の作用は血液中のPAI-1が健康な人より多いと心疾患や脳梗塞を起こしやすくなるといったものがあります。

 

セロトニンによるアディポネクチンとPAI-1の調整とはPAI-1が健康な時より多い状態を健康な時の値に近づけ、アディポネクチンが健康な時より少ない状態を健康な時の値に近づけるといったものです。

 

このようにセロトニンには脂肪を燃焼させることに関係があると考えられています。規則正しい生活や適度な運動を行い、セロトニンをしっかり分泌させましょう。

 

(Photo by: [http://www.ashinari.com/2013/09/11-381935.php])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-13掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

新陳代謝に関する記事

セロトニンは脂肪の燃焼と関係する?脂肪分解に作用するホルモン

セロトニンとは鬱病や不眠症に関係するとして注目されている体内で分泌されるホル...

マカや酵素で冬太り対策をしましょう!

冬は気温が下がってしまうために、体のカロリーを消費する基礎代謝が下がることによ...

カラダノートひろば

新陳代謝の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る