カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 胃痛・胃の荒れ >
  5. 荒れた胃にやさしい、回復をたすけてくれる食事とは??

気になる病気・症状

荒れた胃にやさしい、回復をたすけてくれる食事とは??

しばしば起こる胃の痛み、辛いですよね。胃に優しい+胃の状態に効果がある方法を知りたいですよね。

胃に優しい飲み物を紹介します。

 

荒れた胃によくないもの

荒れた胃に、刺激物はあまり好ましくありません。熱すぎる、冷たすぎるもの、辛いもの、油分を多く含む物も刺激になるため良くありません。

 

 

お茶がオススメ

お茶には、胃の働きをよくする効果があります。 

苦み成分である、タンニンという成分が含まれています。

このタンニンは、胃腸の働きを活発にしてくれる効果があり、普段から胃腸の弱い人にとっても強い味方です。

 

ただし、タンニンが胃腸の働きをよくしてくれるからと言って、むやみやたらに飲めばよいということはありません。

 

飲むタイミングが重要で、できるだけ食後に飲むのがよいでしょう。

空腹時にたくさん飲んでしまうと、逆に胃腸に負担がかかってしまうことになります。

 

 

牛乳

牛乳が胃の粘膜を守るということは、知っている方も多いのではないでしょうか。

牛乳は胃の粘膜を守ってくれるだけではなく、胃酸を抑える働きも期待できます。

胃酸過多などによって胃粘膜が傷ついてしまっている場合には、非常に有効だといえます。

 

牛乳は冷たいままで飲んでも良いですが、冷たいままでは胃に刺激を与えてしまいます。

できればホットミルクにして飲むと効果が高くなります。

  

アルカリイオン水

アルカリイオン水とは水の電気分解によってつくられるもので、水を電気分解したときに陰極側に集まったアルカリ性の水のことです。

これには、カルシウムイオンやカリウムイオン、マグネシウムイオンなどの体に必要なミネラルが豊富に含まれています。

 

アルカリイオン水は、栄養素が吸収されやすく細胞になじみやすいため、胃腸で吸収されれば胃腸の細胞は活性化され、胃腸の回復に役立ちます。

 

胃が荒れているときには食べ物がのどを通らず、飲み物しか入らないという場合があると思います。

そんな時には、まずは牛乳などを温めて飲んでみるとよいでしょう。

 

 

荒れた胃の修復を助けるために抑えるべき食事のポイントを3つ

胃が荒れてしまったときに胃の修復を促すためには、どのように過ごせばよいのでしょうか。 大切なことを3つ、紹介いたします。

  

胃のためには食事の間隔が大事

食べ過ぎなどで胃が荒れてしまったなと感じると、その後しばらくは、胃を休めようと思って何も食べないようにする方が多いようです。しかしこれは、胃にとってよいことなのでしょうか。

 

胃からすると、食べすぎで胃が荒れていても、必要以上に食事の間が空くことは、悪影響を及ぼします。空腹の時間が長く続くと、胃液が胃の粘膜を刺激して、トラブルが発生しやすくなるのです。

「たくさん食べてしまった後には何も口にしない」と決めるのではなく、おかゆなど胃に優しく吸収のよいものなどを摂取するようにしましょう。

 

 

よく噛むことが大事

よく噛むと満腹中枢が刺激されて食べ過ぎを防げるといいますが、その他にも、よく噛むといいことが沢山あります。口の中で唾液と良く混ざりあい、消化吸収されやすくなるのです。

 

口の中でよく消化しておけば、胃での消化がよりスムーズなものになります。特に、胃が荒れているときによくかまずに飲み込んでしまうと、この消化が胃にとっての負担になり修復にブレーキをかけてしまうかもしれません。

 

食べた後にゆっくり休むことが大事

食べ物を食べた後に、眠たくなってしまうようなことはないでしょうか。人は食べ物を消化するときに、たくさんの血液を必要とします。つまり、たくさんのエネルギーが消化に費やされるのです。

 

ですから、食後すぐに動き始めてしまうと、胃に十分なエネルギーが回らなくなってしまい、消化がスムーズにできません。荒れている状態の胃であれば、弱った状態の中少ないエネルギーで頑張らなければならないので、これは当然胃の修復の妨げになります。

 

どんな行動が胃に負担をかけているのか、また、どんな行動が負担がかかった胃に悪いのか、知っておけるとよいですね。

 

 

何もなくても出来る!荒れた胃の修復を助ける方法

食べ過ぎや飲み過ぎで胃が荒れてしまったとき、胃の修復を助けるにはどのようなことができるのでしょうか。簡単にできる方法をご紹介します。

  

マッサージ

胃が荒れている状態では、胃腸の動きが悪くなることによってガスなどが発生し、お腹が張っているような症状を感じることがあります。この状態を放置しておくと胃に悪影響が及ぶ場合があります。この状態を解消するためにはマッサージが効果的です。

 

1.両足を折り曲げて座り、左の肋骨の下に指を押し込みます。

2.ゆっくりと息を吐きながら、指先を差し込むようにしてマッサージします。

3.息を吐ききったら指先を離してください。

入浴中などにリラックスしながら行うとよいでしょう。

 

呼吸

胃腸の働きは自律神経とも関係が深いものです。自律神経を整えるには、呼吸を整えることが効果的です。呼吸を整えるのであればどんな場所でも出来るので、一つ方法を知っておくとよいでしょう。自律神経を整えることは、胃腸だけではなく神経や心臓、血管などの、体の各器官に良い影響を与えます。

 

1.両手を重ねておへその下あたりに置き、背筋を伸ばします。

2.意識をその位置に集中させながら、すぼめた口から息を細く長く吐きます。このとき上半身の力を抜いてリラックスして下さい。

3.吐き終わったら鼻から自然な流れに任せて息を吸います。

自律神経を整えるには、一定のリズムを刻むことが大切です。この呼吸方法も、一定のゆっくりとしたリズムをとるようにしましょう。

 

胃の働きを整えてあげることが、胃の修復を助けることになります。無理に胃を働かせないようにして、胃が正しく働くように助けてあげましょう。

 

 

胃腸労りレシピ☆落とし卵とキャベツのお味噌汁

キャベツは、傷ついた胃腸の粘膜を修復するためのに必要なタンパク質の新生を助けます。味噌のタンパク質は発酵によってアミノ酸に分解されるので消化によく栄養価も高く胃腸のトラブルに強い味方です。

 

*落とし卵とキャベツのお味噌汁*(2人分)

  

【材料】

 キャベツ・・・2枚

 卵・・・2こ

 玉ねぎ・・・小1/2こ

 にんじん・・・10g

 水・・・カップ2¹/₂

 ほんだし・・・小さじ²/₃

 味噌・・・大さじ2

 

【作り方】

キャベツは縦4~5㎝幅に切って重ね、横1㎝幅に切る。

玉ねぎは横半分に切り、縦に1㎝に切る。にんじんは細切りにする。

鍋に水を入れ、2の玉ねぎ、にんじん、ほんだしを入れ混ぜて中火にかける。

煮立ったら弱火にし、フタをして5分程煮る。

フタをとってキャベツを加え、1分程煮てしんなりしてきたら味噌を入れ、ときのばす。

卵をボウルなどに割り、鍋に静かに落とし入れフタをして2~3分煮る。

 

キャベツ特有の成分は、ビタミンUでキャベツから発見されたので、別名をキャベジンと呼ばれ胃腸の粘膜の新陳代謝を活発にする働きがあり、抗潰瘍作用もあり胃潰瘍や十二指腸潰瘍に働き、脂肪肝も予防します。

鶏卵は、ビタミンA、D、鉄、カルシウム、リンなどを多く含み、栄養面からみて理想的なタンパク質食品ですがコレステロールは多く、1日のコレステロール摂取量が400mgに対し1個が250mgなので、年齢、他の食品との食べ合わせなど考えて献立を工夫したいですね。

 

 

荒れている胃の修復を助ける食べ物はこれ!

胃が荒れているとき、気持ちが悪くて吐くということを繰り返しているような場合を除いては、何も食べない状態で過ごすよりは、胃の栄養になるようなものを食べて、胃の回復を応援してあげた方が良いようです。

  

どんなものを食べるのがよい? 

食べ物で荒れた胃を修復したいのであれば、胃液の分泌を適切に調節してくれて、胃腸の消化吸収の働きをスムーズにしてくれるものを食べるのがよいでしょう。どんな食べ物がこうした役割を担ってくれるのでしょうか。

 

大葉…

 

大葉には胃液の分泌を促進させる働きや、胃腸の働きを正常にする作用があります。大葉はメインにして食べるようなものではないので、スープやご飯に混ぜて簡単に食べると良いでしょう。

 

チンゲン菜…

 

荒れた胃の自己修復を助けるためには、そもそも胃の機能を低下させないために、胃を冷やさないことが大切です。胃腸を温めるものとしては唐辛子などもありますが、唐辛子では荒れた胃を刺激してしまい、逆効果です。ですから、同じような効果を得たいのであれば、チンゲン菜を食べるのがよいでしょう。

 

カツオ…

 

旬でなければあまり手に入りませんが、旬であれば食べたいのがカツオです。カツオはチンゲン菜同様、胃腸を温めて消化吸収の機能を底上げしてくれる作用があります。さらに、体を元気にする滋養食品としても知られていますので、体全多胃を元気にしてくれます。

 

生姜…

 

冷え性の人は、生姜を摂取する事が多いのではないでしょうか。冷え性の人に効くというように、生姜は体を温める効果があり、胃腸の調子を整えてくれます。さらに食欲増進効果も期待でき、胃が荒れていて何も食べたくないというときには、効果的かもしれません。

 

 

もちろん食べ物だけではなく、体の外から胃腸を温めるのも体にとっては嬉しいことになります。出来ることから挑戦してみましょう。

 

 

胃を回復したい…。おすすめは飲み物+α!

胃が荒れていたら、なにも口にしたくないですよね…。

ですが、できるだけなにかを胃の中に入れた方がよいそうです。

 

やっぱり、食べものを受けつけないというのであれば、飲みものを選んでみてはどうですか?

ここでは胃にやさしい、あわよくば、胃の回復をたすけてくれるものをご紹介します。

 

 刺激物でないものを

基本的に、胃が荒れているときに入れたいのは、胃を刺激しないようなものです。

 

まず、温度は刺激になりますから、冷たくなく、高温すぎてもいけません。

ちょっと温かいくらいがよいですね。

 

そして、胃にやさしいものと考えれば、コーヒーなどはさけた方がよいでしょう。

白湯だとか、ホットミルク、紅茶、ココア、野菜ジュースのような飲み物を選択するのが良いでしょう。

 

+シナモン

シナモンの香りが苦手という人もいるとは思いますが、シナモンが好きであればぜひ取り入れたいです。

シナモンは発汗作用が強く、解熱効果や鎮痛効果に優れた香辛料ですので、胃の不快感などに効果的です。

 

+生姜

生姜は、体を温める食材の代表と言ってもよいかもしれません。

体が温まると、体の機能が向上しますので、胃腸の回復を応援してくれます。

 

また、生姜には胃腸の調子を整える効果があり、食欲増進にも効果が期待できます。

 

+りんごのすりおろし

胃腸が弱り、食欲がないというときには、食欲を増進させる効果が期待できます。

また疲労回復、体力増進に役立つので、胃が荒れて胃がお疲れだなと思ったときには、りんごのすりおろし単体でも摂取したいです。

 

 白湯やホットミルクのような飲み物はそれ単体でも、胃にやさしいものです。

それに自分の好みで+αをしてあげることで、より大きな胃の修復効果を期待できます。

 

 

こんな胃の症状のとき、どんな食べ物を食べる?

食べ過ぎて胃酸が出すぎたり、胃がうまく動かなくなることによって、胃に不具合が起きると、胃が荒れてしまいます。胃が荒れている状態でも、食べ物を摂取しないわけにはいきません。どうせ食べるのであれば、荒れた胃の修復につながるような食べ物を食べたいですね。

  

●消化不良で胃が荒れているとき

自分の消化機能以上に食べ物を摂取してしまうと、食べ物がたくさん入った胃が上手に動けなくなり、消化不良を起こします。食べ物の消化には消化酵素が使われますが、この消化酵素にはでんぷんを分解するもの、たんぱく質を分解するもの、脂肪を分解するものの3つがあります。

 

この3つの消化を助けてくれるのが納豆です。例えば、少し消化の悪い麦ごはんなどと一緒に納豆を食べると、胃の消化の負担が軽く済むので胃に優しいのです。

 

●胃酸を抑えたいとき

胸やけがあったり、空腹時に胃が痛くなったりする場合、胃酸が過剰に分泌されている場合があります。その場合は、胃酸を中和するようなアルカリ性の食品を多くとるとよいでしょう。アルカリ性の食品とは、牡蠣やワカメ、昆布などで、野菜全般もどちらかというとアルカリ性です。

 

●胃粘膜が傷ついているとき

アルコールを飲むことによって胃酸が多く分泌されてしまうと、胃粘液で守られているはずの胃の内壁に炎症が起きてしまいます。胃の内壁の胃粘膜は、免疫に深く関係しているものです。

ですから、免疫機能を上げてくれるような食べ物を選ぶとよいでしょう。粘膜の修復にはほうれん草が効果的です。他にもアロエやハト麦なども効果的なようです。

 

あなたの胃が荒れているのは、胃酸過多だからでしょうか、胃酸が少ないからでしょうか。胃痛の原因が胃酸過多だと思っている人の半数は、実は胃液が少ないというデータもあります。まずは胃が荒れている原因をつきとめてから、対処するようにしましょう。

 

(Photo by:http://www.ashinari.com/

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-06掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

胃痛・胃の荒れに関する記事

急性胃炎と慢性胃炎~胃炎の胃痛とその鑑別診断!胃痛が起こる10の原因と症状

胃痛を訴える胃炎は、急性胃炎と慢性胃炎とに分かれており、それぞれに特徴があり...

空腹時の胃痛や吐き気を和らげる方法は?タバコとコーヒーは胃に悪い?アルコールは?普段の薬が原因かも?

胃潰瘍や十二指腸潰瘍など、胃が弱っているときに起こる空腹時の胃痛。おなかがす...


お腹がすくと吐き気がする!非潰瘍性胃腸炎かも?おなかがすくと胃痛が…まさか胃潰瘍!?

お腹がすくとムカムカする、吐き気がする…。 なんだか胃が弱っている気がする...

カラダノートひろば

胃痛・胃の荒れの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る