カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 合併症 >
  5. その他 >
  6. 1型と2型で違う糖尿病性ケトアシドーシスの原因

生活習慣病

1型と2型で違う糖尿病性ケトアシドーシスの原因

糖尿病性ケトアシドーシスというのは、糖尿病によって起きる体の異常の一つです。

 

糖尿病性ケトアシドーシスの原因は、生まれつきの糖尿病と言われる1型と生活習慣病と言われる2型の糖尿病では異なります。

 

●糖尿病性ケトアシドーシスとは

糖尿病性ケトアシドーシスとはインスリンが不足することで嘔吐や腹痛を引き起こす症状で、最終的には死に至る可能性もあるのが特徴です。

 

体の中でインスリンが不足すると高血糖になることから、体の方で高血糖をどうにかしようと働き始めます。高血糖を解消するための手段の一つが脂肪の分解ですが、脂肪の分解の途中で生まれるケトン体という物質のせいで血液のpHが変わって症状が出ます。

 

●1型は基本的にインスリン不足

糖尿病性ケトアシドーシスの多くは、1型糖尿病の患者にみられると言われています。糖尿病性ケトアシドーシスの原因となる『インスリン不足』は、1型糖尿病患者が持っている特徴だからです。

 

元々インスリンが足りていないので、上手くコントロールしていかないと1型糖尿病の患者の場合は、糖尿病性ケトアシドーシスで死亡してしまう可能性も高くなります。

 

●清涼飲料水の恐ろしさ

1型糖尿病とは違ってインスリンそのものが元々足りないわけではない2型糖尿病の場合は、清涼飲料水によって糖尿病性ケトアシドーシスが起きるケースが多いです。

 

清涼飲料水は水やお茶などに比べると糖分が非常に多いにも関わらず、日常的な飲み物として飲用する方が多いのが問題です。体の中に糖分が溜まり過ぎてインスリンの処理能力が追い付かなくなり、糖尿病性ケトアシドーシスを引き起こします。

 

糖尿病性ケトアシドーシスは吐き気や腹痛を伴う糖尿病の急性合併症状の一つです。糖尿病性ケトアシドーシスは主に1型糖尿病の患者にみられますが、清涼飲料水の多飲によって、2型糖尿病の患者でも糖尿病性ケトアシドーシスになることがあります。

(Photo by: [//www.ashinari.com/])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

いつも眠い・・・糖尿病と睡眠時無呼吸症候群

    ◆睡眠時無呼吸症候群とは   睡眠時無呼吸症候群(Sleep A...

そもそも糖尿病でなぜ合併症が?その理由と4つの合併症について

  糖尿病の人は合併症に気を付けないといけないとよく聞きますが、そもそもな...


血糖値を下げるだけでは避けられない!?脳梗塞・心筋梗塞のリスクを下げる方法

糖尿病になるとまず細い血管に異常が出るようになります。そのため、目、末端、腎...

糖尿病の人の高血圧値はほかの人とは違う!高血圧の正常値と注意が必要な理由

糖尿病の方は高血圧にもある程度の注意が必要とされています。高血圧の正常値と、...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る