カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 胃痛・胃の荒れ >
  5. おなかがすくと吐き気がする…非潰瘍性胃腸炎かも?

気になる病気・症状

おなかがすくと吐き気がする…非潰瘍性胃腸炎かも?

 

ふつう胃もたれは、食べ過ぎや飲みすぎ、脂っこい料理を食べた後など、胃に負担をかけたときに起こります。また、食べ過ぎや飲みすぎもないのに慢性的に胃もたれやむかつきのある場合には、胃炎などの病気によって症状が起こっている場合もあります。しかしなかには、いろいろな検査をしても異常がないのに症状が起こる場合があるようです。どのような原因が考えられるのでしょうか?

 

■どこにも異常がないのに胃が痛い?

上腹部痛、上腹部の不快感、胸やけ、悪心、嘔吐、食欲不振といった上部消化器症状があるにもかかわらず、上部消化管内視鏡検査、腹部超音波検査、血液検査などを行ってもこれといった病気が認められないことがあります。こうした胃腸の不調は、非潰瘍性胃腸症と呼ばれています。

 

●非潰瘍性胃腸症の症状

最も多い症状は、胃もたれ、むかつき、満腹感などといった「運動不全型」の症状です。慢性的に胃の動きが悪くなっていたり、逆に亢進していたり、不揃いだったりすることにより、食べ物が胃から十二指腸、小腸へと進んでいかず、長時間にわたり胃の中に停滞してしまい、胃もたれを起こします。


ほかにも、胸やけや胃酸の逆流といった「胃食道逆流型」、空腹時に胃が痛んだり、夜間に腹痛が起こったりする「潰瘍症状型」、どこにも分類されない「非特異型」があります。

 

■原因と治療

非潰瘍性胃腸症は、検査をしても異常が見つからないため、原因の特定が難しい病気です。そのため生活習慣や症状に応じて治療方法を検討することになります。


●ストレス

ストレスは胃腸への影響が強いことが知られているため、ストレスを自覚している人はそれを取り除くよう心がけることが必要になります。不安感が強い場合は抗不安薬などが効果を発揮することもあるようです。

また、内視鏡検査などで異常がないことが分かったことで不安やストレスが解消され、症状が消える人もいます。

 

●食生活

一般的にむかつきや胃もたれは食べ過ぎ、飲みすぎの後にみられることが多いため、食生活を見直すことが重要です。まずは食事時間です。仕事で遅く帰った後の食事や、夜中にコンビニへ行って食品をたくさん買って食べるようなことは避けます。脂肪分の多い食べ物、甘いもの、カレーなど香辛料のたくさん入った食事は胃酸の分泌を強め、胸やけを起こしやすくするといわれています。

 

 

気になるむかつきや吐き気がある場合は、まずは検査を受けてみると良いかも知れません。それと同時に、自分の生活習慣やストレスについても見直してみたいですね。

 

Photo by://www.photo-ac.com/

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

胃痛・胃の荒れに関する記事

空腹時の胃痛や吐き気を和らげる方法は?

胃潰瘍や十二指腸潰瘍など、胃が弱っているときに起こる空腹時の胃痛。おなかがす...

食べ過ぎたときの腹痛...3つの理由 それぞれに対する対処法

 たとえ体によいものであっても、食べ過ぎることは体に負担をかけることになりま...


消化性潰瘍の胃痛とその鑑別診断とは?

      胃・十二指腸潰瘍において、なぜ潰瘍痛といわれるような特有な心窩部痛...

食べ過ぎに覚えておきたいツボがある!

  食べ過ぎという状態は、自分の胃腸が消化する能力以上に食べ物を体の中に入れて...

カラダノートひろば

胃痛・胃の荒れの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る