カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 胃痛・胃の荒れ >
  5. お腹がすくと吐き気がする!非潰瘍性胃腸炎かも?おなかがすくと胃痛が…まさか胃潰瘍!?

気になる病気・症状

お腹がすくと吐き気がする!非潰瘍性胃腸炎かも?おなかがすくと胃痛が…まさか胃潰瘍!?

お腹がすくとムカムカする、吐き気がする…。

なんだか胃が弱っている気がする。

 

そんなときは、胃腸機能のバランスが乱れているかもしれません。

 

■自分で胃を消化する!?

胃では、きわめて強い塩酸やペプシンといった消化液が分泌されています。

 胃袋のかべは強い筋肉でできており、消化液と食べものをかき混ぜて、どろどろのおかゆのような状態にしてしまいます。

 

そして、それを小腸(十二指腸・空腸・回腸)に送り出し、小腸で消化と吸収をします。

 胃から分泌される消化液はとても強力ですが、胃袋の細胞からは粘液が分泌され、胃や腸の細胞が消化液で消化されないように保護しています。

 

しかし、なんらかの原因で、粘液の量と消化液の量、あるいは消化液の濃度のバランスがくずれると、強力な消化液によって自分の胃腸の粘膜を消化してしまいます。

 

こうした「自己消化」により、吐き気やむかつき、食欲不振、胃痛などの症状があらわれてきます。

 

■バランスをくずす原因はストレス

胃腸による消化・吸収をコントロールしているのは、自分の意思とは関係なく動いている自律神経です。

 

自律神経のうちの交感神経は、消化液の分泌を抑制し、副交感神経は分泌を促進します。

この神経のバランスがうまくいっているときは、胃腸の機能は保たれます。

 

しかし、バランスがくずれると機能が乱れ、いろいろな症状があらわれてきます。

バランスをくずす最大の要因が、不安やイライラなどの心理的ストレスだといわれています。

 

■胃潰瘍・十二指腸潰瘍はこんな症状

ストレスが原因で、胃腸機能が乱れた末に起こりやすい病気が、消化性潰瘍(かいよう)ともよばれる、胃潰瘍や十二指腸潰瘍です。

これらのほとんどは、ピロリ菌が原因によるものですが、ストレスや食生活が原因で起こることもあります。

 

症状の多くは「みぞおちあたりの腹痛」で、胃潰瘍の場合は食後に、十二指腸潰瘍の場合は空腹時に、痛みが強くなる傾向があります。

 

消化液が多く、胃粘液とのバランスがくずれるために、空腹時に胸やけやすっぱいにおいのげっぷが起こります。

胸やけや吐き気により食欲が低下し、体重が減少することもあります。

 

食べ過ぎた、飲みすぎたときに、一時的に胃腸の機能が低下し、胃もたれやむかつきが起こったります。

また、夜遅くまで食事したり飲みすぎた場合などに、就寝中に食道に胃液が逆流して胸やけが起こったりすることはよくあることです。

 

空腹になるたびに吐き気やむかつきを感じるという場合は、早めに受診してみるとよいかもしれません。

 

 

おなかがすくと吐き気がする…非潰瘍性胃腸炎かも?

ふつう胃もたれは、食べ過ぎや飲みすぎ、脂っこい料理を食べた後など、胃に負担をかけたときに起こります。また、食べ過ぎや飲みすぎもないのに慢性的に胃もたれやむかつきのある場合には、胃炎などの病気によって症状が起こっている場合もあります。しかしなかには、いろいろな検査をしても異常がないのに症状が起こる場合があるようです。どのような原因が考えられるのでしょうか?

 

■どこにも異常がないのに胃が痛い?

上腹部痛、上腹部の不快感、胸やけ、悪心、嘔吐、食欲不振といった上部消化器症状があるにもかかわらず、上部消化管内視鏡検査、腹部超音波検査、血液検査などを行ってもこれといった病気が認められないことがあります。こうした胃腸の不調は、非潰瘍性胃腸症と呼ばれています。

 

●非潰瘍性胃腸症の症状

最も多い症状は、胃もたれ、むかつき、満腹感などといった「運動不全型」の症状です。慢性的に胃の動きが悪くなっていたり、逆に亢進していたり、不揃いだったりすることにより、食べ物が胃から十二指腸、小腸へと進んでいかず、長時間にわたり胃の中に停滞してしまい、胃もたれを起こします。

 

ほかにも、胸やけや胃酸の逆流といった「胃食道逆流型」、空腹時に胃が痛んだり、夜間に腹痛が起こったりする「潰瘍症状型」、どこにも分類されない「非特異型」があります。

 

■原因と治療

非潰瘍性胃腸症は、検査をしても異常が見つからないため、原因の特定が難しい病気です。そのため生活習慣や症状に応じて治療方法を検討することになります。

 

●ストレス

ストレスは胃腸への影響が強いことが知られているため、ストレスを自覚している人はそれを取り除くよう心がけることが必要になります。不安感が強い場合は抗不安薬などが効果を発揮することもあるようです。

また、内視鏡検査などで異常がないことが分かったことで不安やストレスが解消され、症状が消える人もいます。

 

●食生活

一般的にむかつきや胃もたれは食べ過ぎ、飲みすぎの後にみられることが多いため、食生活を見直すことが重要です。まずは食事時間です。仕事で遅く帰った後の食事や、夜中にコンビニへ行って食品をたくさん買って食べるようなことは避けます。脂肪分の多い食べ物、甘いもの、カレーなど香辛料のたくさん入った食事は胃酸の分泌を強め、胸やけを起こしやすくするといわれています。

 

 

気になるむかつきや吐き気がある場合は、まずは検査を受けてみると良いかも知れません。それと同時に、自分の生活習慣やストレスについても見直してみたいですね。

 

 

おなかがすくと胃痛が…まさか胃潰瘍!?

空腹になると、胃のあたりが痛い気がしませんか?

「もしかして、胃潰瘍?最近いそがしくてストレスが多いから・・・」

 

そんな風に思ったとき、どんなことに気をつけてたらよいでしょうか?

 

■潰瘍の代表的な症状

生活習慣病のほとんどに自覚症状がないように、胃潰瘍や十二指腸潰瘍があっても症状が出ないことがたくさんあります。

健康診断などで、はじめて潰瘍があることに気づくことのほうが多いようです。

 

「こういう症状があったから胃潰瘍」と断定するのはむずかしいですが、腹痛、過酸症状、出血が、胃潰瘍と十二指腸潰瘍の代表的な症状といわれています。

 

●空腹時の腹痛

胃潰瘍の場合、80~90%の人がみぞおちのあたりに痛みをうったえるといいます。

 

痛みは、不快感をおぼえる程度のにぶい持続痛が多いといわれていますが、鈍い痛みから焼けつくような痛み、するどい痛みなど、さまざまな種類があるようです。

 

痛みはみぞおちや心臓のあたり、肋骨の下、あるいは背中の方に感じることもあります。

 

こうした痛みは一般的に、空腹になるとはじまって、食事をとるとおさまる傾向があり、とくに十二指腸潰瘍はそうです。

胃潰瘍の場合は、食事をとっても痛みがつづいたり、一回の食事量が多いと長時間痛むこともあります。

 

●過酸症状

過酸症状は、胸やけやすっぱいゲップといった症状です。

十二指腸潰瘍や、胃の出口付近(十二指腸の近く)に胃潰瘍ができた場合などに起こりやすくなります。

胃酸の分泌量が多く、胃酸の濃度が高いときに起こる症状です。

 

●出血

胃潰瘍で出血している場合は、血が胃酸によって酸化するため、血がどす黒くなります。

 

もしも吐血した場合は、どす黒い血で、気管や咽頭(いんとう)から出血した際の赤い吐血とはことなります。

下血(げけつ)の場合も、タール便とよばれる黒い出血で、肛門付近からの赤い出血とは明らかにことなります。

 

いずれにしても、これだけで胃潰瘍かどうか判断することはできないので、下血や吐血をしたときには早めの診察が必要です。

 

■まとめ

胃や十二指腸はとても丈夫で、大食いしようと一日に何度も食べようと、もくもくと自分の役割をはたすタフな臓器。

 

しかし、恐怖や緊張、不安、イライラといった心理的なストレスには弱いという特徴があります。

ストレスがあると、胃腸の消化・吸収機能が低下したり、胃酸分泌が多くなったり、濃度が高くなって、自分の胃腸粘膜を傷つけることにつながります。

 

空腹になると胃のあたりに痛みや違和感がでる場合は、胃潰瘍・十二指腸潰瘍をうたがって、受診してみてもよいかもしれません。

 

(Photo by:足成 )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-06掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

胃痛・胃の荒れに関する記事

急性胃炎と慢性胃炎~胃炎の胃痛とその鑑別診断!胃痛が起こる10の原因と症状

胃痛を訴える胃炎は、急性胃炎と慢性胃炎とに分かれており、それぞれに特徴があり...

食べ過ぎたときの腹痛...3つの理由 それぞれに対する対処法!食べ過ぎには中脘のツボで胃腸を活性化!

たとえ体によいものであっても、食べ過ぎることは体に負担をかけることになります...


荒れた胃にやさしい、回復をたすけてくれる食事とは??

しばしば起こる胃の痛み、辛いですよね。胃に優しい+胃の状態に効果がある方法を...

カラダノートひろば

胃痛・胃の荒れの関連カテゴリ

胃痛・胃の荒れの記事ランキング

人気体験談ランキング

気になる病気・症状のひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る