カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. 種類 >
  4. 歯痛と頭痛で死亡した例がある!

頭痛

歯痛と頭痛で死亡した例がある!

 

いくら頭痛がひどいとは言っても死ぬほどではないだろう、と思うかもしれません。
確かに多くの頭痛は死に至るほどではありません。
ですが、中には歯痛と頭痛で亡くなった方もいます。

 

●歯痛と頭痛の関係
歯痛と頭痛が同時に起きる場合には、2つの可能性が考えられます。
1つは歯痛が先に来ているパターンです。
例えば、虫歯があるときには無意識にかみ合わせが変わって、顔の使い方が変わることにより、神経が圧迫され頭痛が起きることがよくあります。
一方で、頭痛が先に来ているパターンもあります。
それが群発頭痛です。
群発頭痛では目の奥にある血管が拡張して周りの組織を圧迫するため、顔に随伴症状が出やすいです。

 

●歯痛と頭痛で亡くなった方って?
歯痛と頭痛で亡くなった方は、普通のサラリーマンでした。
歯痛と頭痛以外の症状が特に出ていたということもなかったようです。
ではなぜ亡くなったのかというと、実は歯痛の原因である虫歯の放置にありました。
虫歯を作る原因となる虫歯菌がこの男性の場合は脳の血管にまで行ってしまいました。
そして脳の静脈に虫歯菌が血栓を作り、血の流れを悪くしていたのです。
虫歯菌によってできた血栓は血の流れを完全に止め、脳細胞が破壊されたことによって男性は亡くなりました。
男性の虫歯は程度から見ると非常に重く、病院に行くべきだったと言われています。

 

(Photo by //www.ashinari.com/2012/12/24-374431.php)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

種類に関する記事

毎日ぴったり同じ時間に起きる?目覚まし時計頭痛

  一般的に知られている頭痛と言えば、やはり片頭痛や緊張性頭痛があります。...

軽く見てはいけないことも…ピンポイントの貨幣状頭痛

自分は片頭痛持ちであるという人は、日本ではそう少なくないと思います。原因不明...


急にひどい痛みが来る!雷鳴頭痛とは

頭痛の代表選手と言えば、片頭痛や緊張性頭痛です。日本では3人に1人が頭痛持ち...

老人が気を付けたい2つの頭痛

  年をとっている方の場合、一次性頭痛よりも二次性頭痛の可能性に目を向けた...

カラダノートひろば

種類の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る