カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 胃痛・胃の荒れ >
  5. 空腹になると現れる胃痛…普段の薬が原因かも?

気になる病気・症状

空腹になると現れる胃痛…普段の薬が原因かも?

 

生理痛や片頭痛などの痛みを抑えるために鎮痛剤を常用している人に、胃痛が起こることがあります。原因と対策についてまとめました。

 

■頭痛薬で胃潰瘍?

頭痛薬を代表とする痛み止めや解熱剤は、ステロイド系と非ステロイド系に分けられます。ステロイド系は基本的に専門医の処方により、限られた病気に対してのみ使われています。そして、頭痛薬のほどんとは、非ステロイド系の鎮痛・解熱・抗炎症作用をもつNSAIDsと呼ばれる薬です。

 

NSAIDsは解熱鎮痛剤や風邪薬としてドラッグストアで多く市販されているほか、さまざまな疾患に対して病院や歯科医院で処方されているため、とても多くの人がそれほど気にすることなく服用しています。

 

しかし、NSAIDsには胃粘膜を障害するという副作用があります。そのため、鎮痛剤を長い期間常用していることで、胃や十二指腸の粘膜が荒れて炎症を起こし、空腹時の胃痛として現れることがあるようです。

 

■なぜ鎮痛剤で胃粘膜が荒れるの?

NSAIDsは、プロスタグランジンを合成するはたらきをもったシクロオキシゲナーゼという酵素の働きを抑制することで、痛みや炎症を抑えます。しかし、シクロオキシゲナーゼが胃粘膜で阻害されると、胃粘膜の血流が低下し、胃粘膜の表面のバリアの役割をもつ粘液の産生が低下してしまいます。さらに、胃酸の分泌は増加します。

 

これらの結果、自分の胃液で胃粘膜を消化してしまい、胃粘膜が荒れてしまいます

 

■鎮痛剤を常用していて胃が痛む人は…

片頭痛や生理痛で鎮痛剤が手放せない人は、まずは専門医を受診しましょう。必要に応じ胃粘膜を保護する薬と一緒に鎮痛剤を処方してもらったり、別の薬を処方してもらうことができます。


ドラッグストア等で鎮痛剤を購入する際には、NSAIDsではなく「アセトアミノフェン」を選ぶのもひとつです。炎症を抑える効果はありませんが、NSAIDsと同等の鎮痛作用があり、消化管に影響しない特徴があります。

 

 

普段から飲んでいる薬で胃や十二指腸の粘膜が荒れ、悪化すると胃潰瘍や十二指腸潰瘍になることも珍しくないようです。気になるようなら早めに薬を中断し、受診してみると良いかも知れません。

 

Photo by://www.ashinari.com/2009/04/26-017743.php

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

胃痛・胃の荒れに関する記事

胃痛の原因って何? 胃痛は心理的なストレスが誘因となる!

                    胃痛と言っても実に様々な原因があり...

食べすぎの胃痛~胃が胃を攻撃している!?

  食べ物を摂取しすぎると、胃に大きな負担がかかります。これは大量の食べ物が胃に...


潰瘍治療薬や健胃・消化薬などの荒れた胃を治す薬

  不規則な食生活が続くと、食べたもののせいだけではなく、体にストレスがかかる...

荒れた胃の修復を助けるために抑えるべき食事のポイントを3つ

胃が荒れてしまったときに胃の修復を促すためには、どのように過ごせばよいのでし...

カラダノートひろば

胃痛・胃の荒れの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る