カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 食中毒 >
  4. 寄生虫 >
  5. 回虫 >
  6. 牡蠣で食中毒になったらどうする?!

気になる病気・症状

牡蠣で食中毒になったらどうする?!

 

食中毒と聞くと様々な食品が思い浮かびますが、中でもよく耳にする食材が“牡蠣”です。冬場には是非とも食べたい旬の食材ですが、冬に食べる食材の中で、食中毒の発症率NO1でもあります。

牡蠣での食中毒はどんな症状が起こるのでしょうか?

 

 

◆なぜ牡蠣を食べると食中毒になるの?

牡蠣などの二枚貝があるには、食中毒となる原因の菌が存在し、貝類はその菌を“溜め込む”習性があります。内臓部に菌が蓄積された牡蠣をで食べると食中毒を起こしてしまいます。

 

◆どんな症状を起こす?

激しい腹痛に見舞われて、嘔吐を繰り返します水様便が続いてしまうことも。お年寄りや幼児の場合には症状が重症化してしまう場合があります

 

◆牡蠣で食中毒にならないためには?

とにかく“生”で食べないことです。加熱処理をして牡蠣の中にある病原菌を死滅させてらえあ食すことが大切です。

 

◆加熱すれば絶対に防げる?

生で食べることがダメならだ、加熱すると大丈夫!という考えになってしまいますが、加熱にも注意が必要です。実際に牡蠣のフライや焼き牡蠣で食中毒を起こしたというケースもあります

 

ノロウィルス熱に強く、さっと加熱しただけでは死滅しません。沸騰したお湯で最低でも2分の加熱、フライであれば180度の油で4分の加熱が必要になります。(牡蠣の中心温度が高くならないと意味がありません)

 

◆十分に加熱したとしても体調を崩すこともある!

牡蠣を十分に加熱し、食べたとしても体調に違和感を感じたり、体に異変が起こったりする場合があります。この場合には、牡蠣アレルギーの可能性があります。

 

また、牡蠣自体のウィルスは死滅しても貝毒は熱に強いため貝に付着している菌が誤って加熱後の牡蠣についてしまうこともあります。十分に気をつけなければなりません。

 

 

牡蠣は、冬場に鍋や焼き牡蠣として食べると、とても美味しく安全に食せます。しかし、生や加熱不十分な状態で食べる場合には十分に気をつけなければなりませんし、出来るだけお年寄りや子どもは生食を避けましょう。

 

(photo by: //www.ashinari.com/2009/04/28-018312.php )

著者: hatamaiさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

回虫に関する記事

食中毒を撃退!細菌による食中毒を防ぐための3大原則!とは?

  細菌による食中毒を防ぐための3大原則!といわれている定義があります。 ...

食中毒の辛い症状…体内では何が起こっているの?

    年中通して悩まされる細菌やウィルスによる食中毒。原因としては、食事だ...


下痢が止まらない…辛い食中毒の治療法とは?

  辛い食中毒症状…。一刻も早く治したい! そんな思いで病院に行きますが...

辛い食中毒!こんな症状にはどうしたら良い?

  食中毒になると、とても辛い症状に見舞われます。 体内から菌を排出しな...

カラダノートひろば

回虫の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る