カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 風邪 >
  4. ひきはじめの風邪の咳に漢方薬

気になる病気・症状

ひきはじめの風邪の咳に漢方薬

 

風邪の症状は様々なものが見られます。咳もその症状の一つですが、咳などの症状は風邪の一つのあらわれ方にすぎず、咳だけを治しても風邪を根本的に治すということにはなりません。しかし、咳の症状が激しく、仕事や日常生活に支障が出たり、あまりにもつらいのであれば、治療が必要かもしれません。

 

 

症状を緩和させる方法として、漢方薬を服用するという方法があります。ここでは、ひきはじめの風邪の咳に対して、どのような漢方薬が効果的かを考えていきます。

 

 

インフルエンザのような風邪のとき

 

インフルエンザのように節々が痛くなるような風邪のひきはじめで、頭痛や関節痛、腹痛を伴うような咳に効くのが、麻黄湯(マオウトウ)や杏仁(キョウニン)という漢方薬です。麻黄湯はよく、インフルエンザやそれに似た症状の風邪に処方される漢方薬です。杏仁はあんずの種子の中にある、仁(さね)というものを取り出したものです。麻黄湯と一緒に用いられることが多いようです。

 

鼻水が出る風邪のとき

 

鼻水が出る風邪や水分の多い泡のような痰を伴う、いわゆる鼻風邪のひきはじめのときには、小青龍湯(ショウセイリュウトウ)という漢方薬が適しています。小青龍湯とはいくつかの生薬から成る漢方薬で、麻黄の他に抗アレルギー作用のある桂皮(ケイヒ)や細辛(サイシン)、甘草(カンゾウ)、五味子(ゴミシ)といったものが含まれます。鼻風邪に効くものということで、花粉症の症状を抑えるためにも用いられます。

 

 

これらは、ひきはじめの風邪症状に用いられる漢方薬です。少し風邪が経過した後では、また処方される漢方薬も変わってきます。さらに、基本的には体の免疫機能を向上させることが大切ですので、そのための生活を送れるようにしましょう。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/04/16-360891.php])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

風邪に関する記事

胃腸風邪にかかったら野菜スープで栄養補給!栄養の多い夏野菜を使う場合はこれに注意!

梅雨時期から夏にかけては胃腸風邪にかかる人が多くなります。胃腸風邪は消化器官に...

防寒対策に『遠赤外線』仕様の製品が効果的!そのメカニズムは?

  省エネ対策にぴったりの『遠赤外線』 そのメカニズムは以外と知られていない?...


ピークは7月!夏に流行する夏風邪が引き起こす問題と、正しい対処法

一般的には、風邪と言えば夏よりも冬の方が流行りやすいです。冬の方がウィルスが好...

カラダがだるい…もしかして!?大人も気をつけたい流行りの夏風邪

夏は暑い毎日にぐったり!ところが、ある日突然喉の痛みや咳・鼻水が…なんて経験は...

カラダノートひろば

風邪の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る