カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. 美肌・スキンケア >
  4. 保湿 >
  5. 肌の乾燥は塗るだけではだめ!保湿剤の効果について

美容・ダイエット

肌の乾燥は塗るだけではだめ!保湿剤の効果について

 

健康な肌の「しっとり」した潤い。これを維持するには、保湿剤を塗るだけの対処では足りません。

 

 

肌は日々生まれ変わっている

 

肌は一番外側の角質層と、その下の表皮層、さらに下の真皮層の3層からできています。血液が通っているのは表皮層までです。つまり生きている細胞は表皮と真皮なのです。真皮層で増えた細胞は表皮細胞に変化し、さらに角質層となって表面に押し出されていきます。このターンオーバーがスムーズであれば、フレッシュな肌が維持されます。通常約30日で交代する肌の細胞ですが、真皮層・表皮層の2層に十分に栄養が行き届かないと、代謝が下がる=新しい肌ができにくい状態になります。

 

 

保湿剤は角質層の上のカバー

 

一般的に、多くの保湿クリームは角質層のサポートとして肌の表面に脂で膜を作り、肌から水分の蒸散を少しでも押さえるように働きます。健康な肌ではこうしたサポート無しに角質層は十分な保湿力を持ち、肌からの水分の蒸散をコントロールできます。しかし、肌の乾燥は角質層に隙間をつくってしまうため、水分が出て行きやすくなっているので、保湿クリームでその隙間を塗り固める必要があるのです。

 

 

保湿クリームの効果は一時的

 

とは言え、保湿クリームの効果は数時間しか持続しません。ベトベトとした状態では不快ですし、薄くつけた場合には、じきに分解されたりこすれたりして効果がなくなります。しかし一時的とは言え、クリームによって外部からの刺激を受けにくくなるため、その間に肌は少しでも良い状態に生まれ変わることができるのです。

 

 

肌の健康は内と外、両方から

 

乾燥しがちな季節には、通常以上に肌がダメージを受けます。そのため保湿の手間をかける必要があると同時に、食事で肌をサポートしていくことも大切です。ビタミンやミネラルなどの代謝に必要な栄養成分をより多く摂ることを心がけましょう。肌の乾燥対策は、カラダの外からと内から、両面作戦が必要です。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2010/02/21-033778.php)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

保湿に関する記事

角質を落としてお肌つるつる!強アルカリ温泉は美人の湯?

温泉によく行くけど、温泉の効能をざっと見るだけでアルカリ性や酸性の温泉がなんで...

お肌のうるおいを保つための栄養素

  ■お肌のうるおいを保つための食べ物   年を重ねるごとに気になるのが乾燥...


花粉や細菌、ほこり、PM2.6など…肌の乾燥は刺激も影響する!?対処法について

  肌の乾燥は負のスパイラルとも言える仕組みがあります。これを抜け出すことが健...

夏の保湿ケアを怠るな!夏の肌ケアの基本とは?お手入れは顔以外にもしよう!

  「夏は肌が乾燥しないから化粧水もあまりつけない」という意見を聞くことが...

カラダノートひろば

保湿の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る