カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 風邪 >
  4. 風邪のはじめにのどが痛いと感じたら、このうがいをする!

気になる病気・症状

風邪のはじめにのどが痛いと感じたら、このうがいをする!

 

ひきはじめの風邪の症状として、のどあたりに症状が出る人というのは多いようです。咳が出たり、のどが痛くなったりといった症状が見られますが、この症状は体が風邪と戦っているから起こるものです。

 

 

お茶うがい

 

お茶に含まれるカテキンは殺菌効果や、免疫を上げる効果を期待できます。このとき、冷たいお茶ではなくて、心地よいくらいに温めたお茶を使ってうがいをするとよいでしょう。うがいは外から帰ってきたときに行うことが多いですが、そうしたときはもちろんのこと、のどの不調を感じたときにこまめに行うとよいでしょう。局所的にのどのあたりが温まることで、その部分の白血球の働きが活発になりますので、ウイルスへの抵抗力が高まり、体の防衛機能を応援できることになります。

 

鼻うがい

 

普段鼻うがいをしていないと、なかなかできるものではないですし、専用のものがないとなかなかできませんが、鼻うがいは風邪をひきはじめののどと鼻に効果的です。鼻うがいは痛いイメージがあるかもしれませんが、適度の塩を入れ、ぬるま湯で行うと痛みはあまりありません。風邪のひきはじめに対して行うときには、コップ1杯のお湯に小さじ1程度の塩を溶かします。塩を入れることで一定の除菌効果を期待できますので、これで鼻うがいをすることによって、鼻やのどに入っていくウイルスを除去することができます

 

風邪のウイルスは鼻や口から入ってきて、のどなどで体と戦うものですから、その部分の除菌をひきはじめの際にしっかりとできれば、その後の風邪の進行にも影響を与えられます。のどの痛みが症状として感じられるのであれば、そこに風邪の原因があると考えて、徹底的にケアをしてあげましょう。

 

ひきはじめの時点で行うことがその後の症状に大きく影響します。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2008/12/21-012059.php])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

風邪に関する記事

「夏風邪を引いたかな?」と思ったその時に!ワイン・生姜・キムチで早いうちに対策を!

夏風邪のひきはじめに効くと言われているものを知っていますか?夏風邪を引いたかな...

夏風邪の代表症状でもある"咳と痰"、痰の色が黄色になっているなら要注意のサイン!

夏場に引く風邪のことを夏風邪と呼び、その種類は色々です。夏に発生しやすいウィ...


のど風邪のひきはじめには○○が効く!「焼き梅干し+お茶」と「はちみつ大根」

「何だかのどが痛いし咳が出る…」という症状で、風邪のひきはじめを感じとる人もた...

その夏風邪への対応は間違っている!冬の風邪と同じ対処では夏風邪を悪化させるかも…

  冬風邪への対処の仕方が、夏風邪では間違っているということがある場合がありま...

カラダノートひろば

風邪の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る