カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 風邪 >
  4. のど風邪のひきはじめには○○が効く!「焼き梅干し+お茶」と「はちみつ大根」

気になる病気・症状

のど風邪のひきはじめには○○が効く!「焼き梅干し+お茶」と「はちみつ大根」

「何だかのどが痛いし咳が出る…」という症状で、風邪のひきはじめを感じとる人もたくさんいるでしょう。

のどの痛みは空気が乾燥しているだけでも起こりますが、そこからのどの免疫力が落ちて風邪をひいてしまうということも十分にあるので、のどの痛みを感じたらまずその部分をケアしてあげたいですね。

ここではのどの痛みに効果のある食べ物、飲み物を紹介します。

 

焼き梅干し+お茶

梅干しの酸っぱさが苦手という人も、焼き梅干しであれば食べられるという人もいるかもしれません。

 

焼き梅干しは、梅干しを2~3個弱火で焦げないように焼きます。網であぶるとその匂いが強くなりますので、鼻にすっと通ります。網がなければオーブントースターでもよいでしょう。

 

このようにして焼くことで梅干しの甘みが引き出されます。

もし梅干しの酸っぱさが苦手だという人は、はちみつものどによいので、はちみつ漬けの梅干しでもよいです。

 

はちみつは加熱することによって発汗作用、解熱作用が高まります。加熱した焼き梅干しを温かいお茶に入れて、お箸などで梅干しの実をほぐして飲むとよいでしょう。

 

はちみつ大根

その効果は、薬よりも効くとも言われているのがはちみつ大根です。作り方は非常に簡単ですのでご紹介します。

 

(1)大根を適当な形に切ります。サイコロの形にする人もいますし、くし切りにする人もいます。大体ひと口大くらいの大きさに切ります。

(2)その大根を、タッパーや蓋付きのビンなどの容器に入れます。

(3)大根にかぶるくらいのたっぷりのはちみつを注いだら、蓋をして2~3時間ほど放置します。放置した後にはちみつの粘性が少なくなり、水っぽくなったら出来上がりです。

 

大根も食べられますが、はちみつの方を頂きます。そのままで大丈夫であればそのままゆっくりのどに入れても良いですし、お湯や紅茶に入れて飲んでも良いでしょう。

大根の方は塩を軽く振ると漬物のようにして食べられるようです。民間療法のはちみつ大根ですが、薬を使えない妊婦さんなどにもオススメです。

 

 

ひきはじめの風邪であれば、薬を飲まずに治せるかもしれません。こうした食べ物、飲み物で積極的に治してみてはどうでしょうか。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2011/04/17-346930.php])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

風邪に関する記事

話題の二酸化塩素で除菌とは?

  テレビコマーシャルや広告などで、二酸化塩素という言葉を聞いたことがあるでし...

風邪薬の服用は実は風邪を治りにくくしている!?知っておきたい風邪薬の"本当のチカラ"

寒くなってくると感染症にかかる確率が高くなっていきます。中でも、体調が崩れてく...


胃腸風邪にかかったら野菜スープで栄養補給!栄養の多い夏野菜を使う場合はこれに注意!

梅雨時期から夏にかけては胃腸風邪にかかる人が多くなります。胃腸風邪は消化器官に...

暖房をつけるとのどが痛い…のどの感想と痛みの関係性

  寒い冬は暖房をつけないと寒くて過ごせないですよね。体は温まるけど今度は乾燥...

カラダノートひろば

風邪の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る