カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 風邪 >
  4. 風邪のひきはじめには漢方を試してみませんか?風邪のひきはじめに効く「葛根湯」のヒミツ

気になる病気・症状

風邪のひきはじめには漢方を試してみませんか?風邪のひきはじめに効く「葛根湯」のヒミツ

葛根湯(カッコントウ)という漢方薬、あるいは葛根湯という言葉を知っている人は多いかもしれません。風邪のひきはじめに効くとされる、葛根湯とはどのような漢方薬なのでしょうか。

 

葛根湯とは?

葛根湯は7つの生薬から成っている漢方薬です。主薬は葛根というもので、それ以外に、咳を治めたり、発汗・発散作用のある麻黄(マオウ)、同じく発汗・発散作用のある桂皮(ケイヒ)、痛みを和らげる作用のある芍薬(シャクヤク)、炎症やアレルギー症状を緩和する甘草(カンゾウ)、その他に大棗(タイソウ)、生姜(ショウキョウ)などが含まれます。

どちらかというと体力のある人に向いている漢方薬です。

 

どんな風邪に効くの?

葛根湯という漢方薬は広く、風邪のひきはじめでゾクゾクと寒気がするようなときに使用します。頭痛や肩こりと言った症状にも適しています。

同じように風邪のひきはじめに効果を期待できる麻黄湯が、インフルエンザのような風邪に使用されるのに対して、葛根湯は広く風邪のひきはじめに効果を期待できるものなので、比較的よく使用される漢方薬です。

 

こんな人は注意!

体の虚弱な人、胃腸の調子が悪い人、発汗の多い人にはあまり向きません。また、心臓や血管に負担をかける可能性がある為、血管や心臓の疾患、循環器系に疾患を持っている人には慎重に用いる必要があります。

 

葛根湯の飲み方

基本的には食前もしくは食間(空腹時に)飲みます。お湯で溶かして飲むのが良いですが、においや味が苦手であれば水などで流し込んでもよいようです。

食前や食間に飲んで吐き気をもよおしたり、食欲が無くなるようであれば食後でもよいとされています。

 

基本的に副作用は少ないですが、不快感などを生じた場合、あるいは効果を感じにくい場合には医師に相談するとよいでしょう。

 

 

(Photo by:足成)

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

風邪に関する記事

加湿や手洗いうがい、マルチビタミン…簡単に出来る風邪対策とは

    秋から冬になるにしたがって、風邪をひくことが多くなってきます。冬場に...

暖房をつけるとのどが痛い…のどの感想と痛みの関係性

  寒い冬は暖房をつけないと寒くて過ごせないですよね。体は温まるけど今度は乾燥...


のど風邪のひきはじめには○○が効く!「焼き梅干し+お茶」と「はちみつ大根」

「何だかのどが痛いし咳が出る…」という症状で、風邪のひきはじめを感じとる人もた...

喉の痛み治療といえばこの食材!目を付けるポイントは抗菌作用

喉の痛みはあるけれど病院に行くほどではない、軽い風邪だと思うというときには自分...

カラダノートひろば

風邪の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る