カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. 治療 >
  4. 頭痛で医者にかかるときの注意点

頭痛

頭痛で医者にかかるときの注意点

 

頭痛の治療・診断は、問診を元にした判断による部分が大きいです。

そのため、病院に行くときには上手に症状を伝えなければいけません。

 

●頭痛で病院を訪れるとき

頭痛外来があるなら頭痛外来に行くのがベストですが、近くになければ内科でも構いません。

内科の場合は、予約が必要なところはそれほど多くないかもしれません。

頭痛外来で特に専門性の高い病院の場合は予約受付をしていることが多いので、ホームページなどでチェックして予約してから行くようにしてください。

予約をしておいた方が待ち時間などもそれほど長くならないのでおすすめです。

 

●病院に行く前に

病院に行く前に症状をまとめておくことをお勧めします。

こうすると自分が何を伝えに来たのかはっきりしますし、途中で話が脱線する可能性も低いからです。

 

症状のまとめですが、

 

・『いつから痛いのか』

・『頭のどの部分が痛いのか』

・『どんなふうに痛いのか』

・『痛みの原因について心当たりはあるか(特定の状況で頭痛が起きるかどうか)』

・『頭痛の他に症状はあるか』

 

をまとめていくとよいです。

 

●頭痛日記を持っていくのもOK

頭痛が気になったら頭痛日記をつけるというのもお勧めです。

頭痛日記は日々、頭痛が起きるたびに痛みの種類や程度を書いていきます。

頭痛日記は今までの頭痛のまとめとも言えますから、言葉で上手く伝えられないかもしれないという時は頭痛日記を持っていくのもよいでしょう。

 

単なる頭痛と思っていても背後に病気が隠れていたりする可能性もあります。早めに病院に行って診察を受けましょう。

 

(Photo by //www.ashinari.com/2011/08/29-349513.php)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

治療に関する記事

お医者さんに頭痛を説明するには? 生活習慣や環境について

    頭痛で病院いった時にされる生活習慣や環境についての質問です。   1. ...

頭痛外来ってどんなところ?

頭痛は3人に1人くらいは体験している症状です。それだけに特に病院などには行か...


頭痛に使用される薬

頭痛は大きく分けて片頭痛・緊張性頭痛・群発頭痛に分類されますが、主に薬物治療が...

授乳中に頭痛がある時、どうすればいいの?

妊娠中や授乳中に飲んではいけない薬も多くあります。   頭痛薬と授乳 ...

カラダノートひろば

治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る