カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. 治療 >
  4. 頭痛でMRI検査を受ける?

頭痛

頭痛でMRI検査を受ける?

 

頭痛で病院に行くとMRI検査を受けることもあります。

 

●MRI検査とは
画像診断装置のひとつで、体の中に腫瘍などが出来ていないかをチェックするものです。
頭痛で病院に行った場合には、基本的に頭のみのMRI検査を行うこととなります。
MRI検査を行うことで、今起きている頭痛が一時性頭痛か二次性頭痛かをはっきりさせます。
一次性頭痛は慢性頭痛とも呼ばれているもので、背後に病気は特にありません。
一方で、二次性頭痛は脳腫瘍などが組織を圧迫することによって起きる頭痛です。
原因となっている腫瘍を取り除かないと、二次性頭痛を解消することは出来ません。

 

●MRI検査を受けるときの注意点
MRI検査では基本的に患者が何かをするということはありません。
台のようなものに横になって、検査が終わるのを待つだけです。
MRI検査は長くても30-40分で終わりますので、その間はなるべく動かないでください。

 

●MRI検査後の治療
MRI検査によって二次性頭痛と分かった場合は、速やかに原因となった病気の治療を行います。
脳腫瘍を取り除く手術などが代表で、場合によっては入院することもあります。
一方で一時性頭痛とわかった場合には、その頭痛に合わせた治療を行います。
群発頭痛の場合は群発期、寛解期を知ることから始まります。
片頭痛や緊張性頭痛ではそれぞれ予防薬・治療薬を使うとともに生活にも気を付けます。

 

(Photo by //www.ashinari.com/2012/12/24-374398.php)

著者: ゆぅきゃんさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

治療に関する記事

どのタイミングで病院に行ったらいいの?

  頭痛にかかっている人もたくさんいるし、頭痛外来などの病院に行くほどの頭痛っ...

最近話題のアンナカ!安息香酸ナトリウムカフェインと併用してはいけない薬剤の成分とは

安息香酸ナトリウムカフェイン(アンカナとも呼ばれる)はねむけやけん怠感、血管...


頭痛で医者にかかるときの注意点

  頭痛の治療・診断は、問診を元にした判断による部分が大きいです。 そのため、...

授乳中に頭痛がある時、どうすればいいの?

妊娠中や授乳中に飲んではいけない薬も多くあります。   頭痛薬と授乳 ...

カラダノートひろば

治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る