カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 外傷(ケガ) >
  4. 頭・脳 >
  5. たんこぶの種類と原因… できる場所で名称が違う!

気になる病気・症状

たんこぶの種類と原因… できる場所で名称が違う!

頭をぶつけるとできるたんこぶ・・・。この「たんこぶ」と呼ばれる状態は内出血をした際、行き場のなくなった血液が皮下に溜まり盛り上がったものです。

 

たんこぶはできる場所によって名称が違います。

 

たんこぶの状態と種類

皮下血腫

一番なじみのあるたんこぶがこの皮下血腫です。さわると固く、移動性はありません。ほとんどの皮下血腫は1~2週間で自然に吸収されます。

 

腱膜下血腫

腱膜と骨膜の間にたまります。皮下血腫に比べ広い範囲が膨れます。何日か経過すると、溶けた血がぷよぷよやわらかく感じます。

 

骨膜下血腫

骨膜と頭蓋骨の間にたまります。

 

どの血腫も、血液の塊ができる場所が良くない場所であれば、注意が必要です。自然に吸収されるほどのたんこぶであれば、そのまま経過観察を行います。

 

しかし、塊が大きい・血腫の場所が悪い場合は手術によって取り除きます。脳の血腫は、大事な神経を圧迫したりすることで麻痺を起こしたり、生命にも大きく関わりがあります。

 

頭を打った後の体の異常が脳のダメージへのサインになることもあります。頭を打ったら体に異常がないかを確認し、少しでも異変が見られたら病院を受診しましょう。

(Photo by: //www.ashinari.com/)

著者: respo naokoさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

頭・脳に関する記事

たんこぶだから大丈夫は嘘!?たんこぶの状態と中身を解明!

頭をぶつけると『たんこぶ』ができます。たんこぶだったら大丈夫と言う人もいます。...

軽度の場合でも後遺症認定はされますか?事故後の外傷性脳損傷について

外傷性脳損傷の原因となることが多いのが、交通事故や転倒事故などです。特に交通事...


外傷性脳損傷の治療とリハビリテーション~急性期から慢性期まで~

交通事故やスポーツでの頭部外傷など、様々な理由で起こる外傷性脳損傷。外傷性脳...

症状の重さで違う!外傷性脳損傷の治療方法 2割は入院、8割は軽度の患者…治療法は?

外傷性脳損傷の治療は、まずはとにかく生命を維持することが最優先ですので、二次傷...

カラダノートひろば

頭・脳の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る