カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 関節リウマチ >
  4. 検査・治療 >
  5. 妊娠への影響が少ない薬は?リウマチ治療と妊娠・出産

関節痛・腰痛

妊娠への影響が少ない薬は?リウマチ治療と妊娠・出産

 

30代から50代の女性に多く発症するリウマチ。この時期は女性にとって結婚・妊娠・出産と重なり、治療とのバランスが難しいものです。リウマチ治療をどのようにすれば安心して出産できるでしょうか?

 

 

計画的な妊娠と出産を

 

リウマチ治療では、薬によって体内に残る薬の効果が違います。多くの抗リウマチ薬は、胎児への影響に対して安全を保証していません。そのため、体内にこのような薬の影響がある状態での妊娠は、とても危険です。従って、結婚して赤ちゃんを考える場合には、主治医との十分な検討が必要です。

 

 

治療状況で治療薬の変更を考える

 

抗リウマチ薬の中でも、アザルフィジンは妊娠への影響が比較的少ないとされていますが、できるだけ使用しない、また体内にも薬の影響が残っていないことが、赤ちゃんのためには望ましいのです。母体側の病状が、抗リウマチ薬の使用を1年程度中断できる状態になっていれば、安全に出産できるでしょう。軽度な痛みであれば、胎盤を通過しないステロイドで対処し、体内にできるだけ薬剤を入れないことが大切です。

 

 

薬の特徴を良く知る

 

抗リウマチ薬はそれぞれ体内に留まる時間が異なっています。体内により長い時間留まるアザルなどを使用している場合には、投薬中止のあと、妊娠までに生理を1〜2回経験するくらい間をあける方が安全だとされています。また、抗リウマチ薬だけでなく、消炎鎮痛剤も、胎児への影響が心配されます。ステロイドは胎盤を通過しませんが、過剰な使用は避けなければなりません。このように、薬それぞれの特徴を理解した上で、妊娠に臨むことが必要ではないでしょうか。

 

 

それでも赤ちゃんを

 

女性にとって、赤ちゃんを生むことはとても大切なことです。リウマチだからといって、それをあきらめることはありません。ただし、生まれる赤ちゃんの健康を十分に考えて、計画的に妊娠することが求められます。出産後も母乳に薬の影響が出てはいけません。もし出産後に状態が悪化して、抗リウマチ薬での治療を開始するのであれば、母乳をあげられないことも想定していなくてはなりません。それでも、大切な我が子のために、医師や周りの力を借りて生むことができた女性がたくさんいます。長くリウマチと付き合い、よい一生を送るためにも、治療法と治療薬についてしっかり理解しましょう。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2010/02/03-033469.php)

著者: rosyさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

検査・治療に関する記事

抗リウマチ薬、メトトレキサートの特徴について

免疫系の疾患である関節リウマチの薬の一つに、メトトレキサート(MTX)がありま...

抗がん剤メトトレキサートのリウマチへの効果

  リウマチ治療薬であるメトトレキサートは、抗がん剤として開発されました。...


健康診断の『RF・CCP抗体』値の変化に注意を!早期の薬剤投与が、リウマチ寛解へと導く

インフリキシマブの早期導入でリウマチが寛解する?   現在、関節リウマチ...

飲んで効く!新しい抗リウマチ薬ゼルヤンツ

  関節リウマチの治療薬として、新しい薬「ゼルヤンツ」が注目されています。...

カラダノートひろば

検査・治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る