カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. トラブル >
  4. >
  5. リウマチ患者が妊娠したら‥気を付けるポイントのご紹介

妊娠・出産

リウマチ患者が妊娠したら‥気を付けるポイントのご紹介

「使っているお薬が、赤ちゃんに影響したらどうしよう」「妊娠中にリウマチが悪化したらどうしよう」など。妊娠を希望する関節リウマチ患者さんは、多くの悩みごとでいっぱいになりますよね。

 

そこで今回は、リウマチ患者さんが妊娠した場合の注意点をご紹介します。

ぜひ、薬の特徴や注意点などを知っておいてくださいね。

 

消炎鎮痛剤は胎盤形成に影響する可能性あり

消炎鎮痛剤とは、簡単に言うと痛み止めのこと。頭痛や生理痛の際に用いられる「ロキソニン」も消炎鎮痛剤の一種です。

 

消炎鎮痛剤は、胎盤形成に影響すると言われています。そのため、妊娠を計画した段階から消炎鎮痛剤の服用は避けた方がよいです。

 

比較的安全な抗リウマチ薬

エンブレルやアザルフィジン、プレドニゾロンは、催奇形性はほとんどないとされています。リウマチの治療を継続しなければならない状態での妊娠の場合には、これらの薬への変更となる場合が多いようです。

 

ただし、アザルフィジンは妊娠後期に胎児毒性があったという報告があるため、妊娠中期までしか使用できません。

中期以降は、エンブレルとプレドニゾロンとの併用で継続治療となる場合が多いようです。

 

その他の抗リウマチ薬

アバ、プラログラフなどの免疫抑制剤も催奇形性が心配される薬の一つです。これらを服用中に妊娠が分かった場合は、催奇形性の心配が高いとされています。

 

出産後の治療

出産後、母乳に薬剤が混入することを避けるために、母乳を早期に中断してミルク育児をメインに行います。

 

一般的に、出産後はリウマチの症状が強くなる傾向があり、その場合にはプレドニゾロンの用量を増量するなどの対処となるケースが多いようです。

 

パートナーと納得のいく妊娠計画を!

リウマチ治療中の妊娠におけるリスクは、一般にはあまり知られていないかもしれません。安心して赤ちゃんを産めるように、パートナーと十分に話し合い、妊娠計画を立ててみてください。

少しでも気になることや困ったことがあった場合は、すぐに病院を受診してくださいね。

 

(photo by https://www.photo-ac.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-25掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

薬に関する記事

妊娠中のサプリメント服用について

栄養補助食品と呼ばれるサプリメント。アメリカでは医療費が高額なために、多くの人が...

妊娠中に鼻づまりや頭痛がつらくてさらにイライラ!妊婦の副鼻腔炎の治療法とは?

妊娠している時は、赤ちゃんに栄養を吸収されて体調を崩しやすくなり、副鼻腔炎に非常...

トラブルの体験談

おっぱいマッサージ

10年振り、3人目を妊娠中です。 35週を迎え、完母が目標な事から、おっぱいマッサージを開始しまし...

妊娠中の子宮がん検診。「Ⅲa」で再検査

妊娠したら必ず行われる子宮がん検診。 1人目の時に「Ⅲa」で再検査。 2人目の時は「Ⅱ」で問題な...

カラダノートひろば

薬の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る