カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ケガ・応急処置 >
  4. たんこぶ >
  5. 出産時起こる乳児の頭部外傷 乳児のたんこぶは病院へ行くべき

育児・子供の病気

出産時起こる乳児の頭部外傷 乳児のたんこぶは病院へ行くべき


出産時に乳児が受ける傷を、分娩損傷といいます。
分娩時には母親の細い産道を通ってくるため、少なからず傷を受けます。
ほとんどの傷は問題ありませんが、まれに神経の損傷が見られたり、骨が折れたりします。
特に逆子と呼ばれる、生まれる前の胎児の向きが正常でない場合に損傷が起こりやすいといわれています。

 

頭部と脳の外傷


胎児は頭から産道に入ります。そのため、頭部はかなりの圧力を受けます。
頭にたんこぶのような腫れや、あざが見られますが、数日のうつに消えることが多いので、特に問題視する必要はありません。
まれですが、頭蓋骨が骨折することもあります。
骨折した部分が陥没しているものを除けば、治療する必要がなく治ります。
頭蓋骨内の血管が破れることで頭蓋内出血が起こることもあります。
出血する部位によって名称が違い、くも膜下出血や硬膜下出血、脳室内出血があります。
脳内の出血は、生命に関わる症状ですので、緊急な処置が必要です。

 

乳児のたんこぶは病院へ行くべき?


だいたい2~3週間で吸収されるでしょう。
しかしまれに1ヶ月~2ヶ月くらいかかることもあります。
意識状態や食欲、運動能力、成長具合を見て異常がなければあまり緊急性がありません。
たんこぶよりも、陥没している場合のほうが危険です。
それらの異常箇所があれば、体に異変が出るでしょう。

 

・抱っこしても泣き止まない(圧力がかかっているので頭痛がするからでしょう)
・体重が増えない、食欲がない
・顔色が悪い

 

などの気になる症状があれば、すぐに病院を受診しましょう。
乳児とは会話ができないだけに、様々な病気が気になるものです。
気になることがあれば相談できる地域の保健士さんなどに、相談してみるのも良いでしょう。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2011/03/29-346224.php)

著者: respo naokoさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

たんこぶに関する記事

転びやすい子どもにできたたんこぶ!病院に連れて行く…でも何科に?

  つかまり立ちをし始めたり、自分で自立して歩き始めたりすると、何とも不安定で...

たんこぶができた!やってはいけないことってなに?

たんこぶの正体って、なにか知っていますか?   たんこぶとは、皮下血腫(...

たんこぶの体験談

生後10ヶ月 ベビーカーから落下!出血とたんこぶ

生後10か月のときに、お出かけから帰宅後の出来事でした。 ベビーカーの肩ベルトの止めを外して、後ろ...

<生後10ヶ月>子供が階段から転落!原因と怪我の状態

実家での話です。息子が1人で階段を降りるようになった頃に転落事件はおきました。ハイハイで階段を上り下...

カラダノートひろば

たんこぶの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る