カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 関節リウマチ >
  4. 検査・治療 >
  5. 抗がん剤メトトレキサートのリウマチへの効果

関節痛・腰痛

抗がん剤メトトレキサートのリウマチへの効果

 

リウマチ治療薬であるメトトレキサートは、抗がん剤として開発されました。抗がん剤と抗リウマチ薬との作用機序の共通点とは?

 

 

メトトレキサートの作用

 

メトトレキサートは、葉酸代謝拮抗剤という抗がん剤に分類されます。これは細胞が分裂して増殖するときに、核の中で遺伝子の複製を行うために必要な核酸の合成になくてはならない葉酸の活性化を担う酵素にメトトレキサートが結合して働かなくする、という基本的な作用を持っているからです。これによって、活発に増殖していたがん細胞は増殖しにくくなり、その勢いを弱めます。また、同時にメトトレキサートによって抗体や免疫グロブリンの産生、リンパ球の増殖等も抑制されます。

 

 

積極的に栄養等を取り込むがん細胞に効果

 

メトトレキサートは、増殖のために積極的に血液から栄養を摂り込んでいるがん細胞に、栄養分と一緒により多く取り込まれます。その結果、がんを叩くことができます。これは他の新陳代謝が活発な細胞にもいえるため、髪の毛や爪、粘膜、血液細胞や免疫細胞などにも影響が出てしまうのです。口内炎が治りにくいのも、この影響です。

 

自己免疫疾患であるリウマチ

 

リウマチは、自分の免疫系が自分を攻撃してしまう自己免疫疾患の一種です。抗がん剤として使用する際のメトトレキサートとは用量や間隔等の使用方法が異なります

活発に増えて関節部位での炎症を持続させる各種の免疫機能を抑制させます。また、関節の滑膜や軟骨組織でコラーゲンを分解する働きがあるコラゲナーゼもメトトレキサートが阻害することがわかってきています。抗がん剤では副作用であった免疫抑制効果が、ここでは薬効として働きます

 

 

使用できないケースは共通

 

核酸の合成を阻害し、細胞増殖を阻害・抑制すること、尿中で排泄されること、免疫を抑制すること等から、がんでもリウマチでも、以下の場合には使用できません。

 

妊娠および妊娠の可能性がある

授乳中

・メトトレキサートへの過敏症

骨髄抑制

・慢性肝疾患

腎障害

胸水や腹水がある

 

また、高齢者の使用についても注意が促されています。

 

 

抗がん剤も抗リウマチ薬も、副作用に注意が必要な薬剤です。その作用を考えると、様々な副作用の可能性が医師には想定できます。

抗がん剤の場合も、抗リウマチ薬として使用する場合にも、メトトレキサートは他剤との併用療法が中心となっています。他剤と一緒に用いる場合には、一つの薬で使用するよりもリスクや不確定要素が増えると言えます。医師の指導をよく守って服用することが大切です。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2012/06/10-363151.php)

著者: rosyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

検査・治療に関する記事

人によって違う!?リウマチの検査にはどのくらい時間がかかる?

  リウマチの検査には血液検査、尿検査など様々なものがあります。検査の時間...


最近注目のリウマチ治療薬「生物学的製剤」とは?どう使う?効果は?

  リウマチの治療薬として、最近生物学的製剤に注目が集まっています。この生...

関節リウマチの痛みを抑えるのに効果的な生物学的製剤って何?

  最近になり関節リウマチの治療に用いられるようになってきた新薬で生物学的...

カラダノートひろば

検査・治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る