カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 色々なアレルギー >
  4. 化学物質過敏症 >
  5. 化学物質過敏症とアレルギーの違い?

アレルギー

化学物質過敏症とアレルギーの違い?

 

以前は「シックハウス症候群」として有名になった化学物質過敏症は、最近では柔軟剤の香料なども問題となっているようです。アレルギーの一種と考えられている化学物質過敏症ですが、詳細をみると違うことがわかってきました。

 

 

化学物質過敏症の定義

 

化学物質過敏症とは、「特定の化学物質に接触し続けた結果、その後わずかな量でもその物質に接触すると、頭痛等の症状が発生する状態」です。その原因は、特定の物質の過去の暴露量が体内の耐性限界を超えてしまったため、といえます。その限界とは個人差としか言えないため、なかなか理解されにくい病気と言えます。

 

 

多種類の物質にも発症する

 

一度、化学物質過敏症を発症すると、その後異なる多種類の化学物質にも反応する「多発性化学物質過敏症」を発症することもあります。

 

 

アレルギーとの違い

 

一般的にアレルギー反応は、身体の免疫機能の反応です。したがって、免疫で確認することができます。しかし、化学物質過敏症は自律神経系への作用が中心であり、免疫系や内分泌系も関係すると考えられていますが、いわゆる抗原抗体反応では確認できません。また、その症状もアレルギー反応のように鼻炎やぜんそく、炎症などのような共通な症状ではなく、人によって様々な症状が現れます

 

 

物理的刺激や精神的ストレスが影響

 

化学物質過敏症は、ストレス下で発症しやすいと言われています。そのため、社会的な理解も進まない現状があります。しかし、化学物質過敏症で苦しむ人は年々増加しています。ストレス社会の日本であるといえども、こうした症状で苦しむ人に対する理解と配慮は必要です。多くの化学物質過敏症は、室内で起きています。室内環境を改善する等の周囲の理解と協力が、大切ではないでしょうか。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2012/12/05-373696.php)

著者: rosyさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

化学物質過敏症に関する記事

もしかして私も?化学物質過敏症の各種症状について

  化学物質過敏症は、アレルギーのような鼻炎や炎症などとして現れるのではな...

身近な化学物質が怖い…?化学物質過敏症とは

「化学物質過敏症」という言葉を耳にしたことはあるでしょうか。さまざまな種類の化...


化学物質過敏症の原因物質と職場環境について

先日、某和歌山工場で勤務していた男性が、劣悪な労働環境で働かされたために「化学...

全身に現れる化学物質過敏症の症状

  化学物質過敏症の症状は、人によってさまざまな症状が出ます。からだの場所...

カラダノートひろば

化学物質過敏症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る