カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 色々なアレルギー >
  4. 化学物質過敏症 >
  5. 化学物質過敏症とは?原因や症状は?

アレルギー

化学物質過敏症とは?原因や症状は?

有機溶剤で引き起こされる化学物質過敏症

化学物質過敏症の原因の一つに、有機溶剤があります。職業病とも言える面もありますが、シックハウス症候群も同様です。

 

有機溶剤を使用する職業

こうした有機溶剤の過敏症を起こす人は、つぎのような人が多いようです。

 

・シャンプーやパーマ液を使用する美容師

・医療関係者:クレゾール等の消毒液

・化学工場で作業する人

・印刷工場で働く人

ほかにもドライクリーニング屋さんや、大学などの研究機関で化学物質を多用する機会がある人にも起きているようです。

  

原因となる物質の例

化学物質過敏症の原因となる有機溶剤は、揮発性があり、いずれも特有の臭いがあり、不快なものが多いようです。

 

・ホルムアルデヒド:接着剤や塗料、溶剤などに使用されています

・トルエン、キシレン、エチルベンゼン:塗料、合成樹脂、合成繊維、医薬品などに使用されます。

・フェノール、クレゾール:消毒薬、防腐剤などに使用されます

・ジクロロベンゼン:防虫剤などに使用されています

 

有機溶剤を使用している工業製品

つぎのようなものは、有機溶剤が含まれた状態で使用します。使用後は有機溶剤は揮発してなくなりますが、一定期間はそこに残ります。

 

・印刷用インキ

・接着剤:ゴム、塩化ビニール樹脂、ポリウレタンなど

・工業用油剤:ドライクリーニング用、金属表面処理用、農業用、その他

・繊維用油剤:紡績用、編織用、その他

・殺菌剤:アセトン、アルコール、クレゾールなど

・塗料:ワニス類、エナメル類、下地塗料、ラッカー類、シーラー類、リムーバー、ペイント類、シンナー類等

 

他に有機溶剤ではありませんが、塩素系漂白剤なども刺激性が強く、過敏症を起こす物質として知られています。いずれも中毒を引き起こす可能性がある物質であり、長期間曝されていることで、からだに多大なストレスがかかっていると言えます。

 

このような物質を扱う職場は、室内環境のモニターが必要です。義務づけられていることだけではなく、そこで働く人のからだを考えて、換気や空気清浄器の設置等、環境の改善につとめましょう。

 

柔軟剤や香水の匂いに反応する?化学物質過敏症について

化学物質過敏症は、「匂い」に反応する傾向があります。

 

「匂いの残る柔軟剤」事件

ネット上でも騒がれていますが、ここ数年、香りの残る柔軟剤が増えてきました。また、海外から香料が強い洗濯用洗剤や柔軟剤などが多数入ってきて、ドラッグストアに並ぶようになっています。これらの「香りの持続」が引き金となって、化学物質過敏症になった、体調が悪い、という訴えが増えています。

 

「参観日の香水」問題

学校の参観日に、多数の保護者の香水の香りが教室に充満し、子どもたちが授業に集中できないとして、学校から「アレルギーが起きる可能性があるため参観日の香水を控えてください」と通知した学校について、賛否両論が起こっています。

 

「匂い」への反応の個人差に注意を

これらからわかるように、化学物質過敏症に限らず、強い匂いや日常にない香りは、ある人にとっては非常に不快感を引き起こし、多大なストレスを与える結果となります。これがイコール化学物質過敏症かといえば、そうともいえません。その一瞬で、二度と再現されなければ、単純にその匂いが「きらい」なだけともいえます。しかし、職場などで繰り返し「きらいな匂い」に曝された場合の精神的なストレスは、非常に大きなものがあります。その結果として、その匂いに過敏に反応する「化学物質過敏症」となることは十分考えられます。

 

好きな匂いには鈍くなる

香水などの匂いは、ある人にとっては不快ですが、つけている当人には「すてきな香り」なわけです。匂いは公害にもなります。プライベートな空間で、好きな匂いを使用することは問題ありません。しかし「匂い」に対する感度は、他のどの感覚(味覚、聴覚、触覚、視覚)よりも鈍くなるのが早いことがわかっています。この匂いに対する寛容は、「よい匂い」と感じたときにのみ起き、逆に「嫌な匂い=危険」となった場合には、この寛容が起きない傾向があります。そのため、好きで香水をつけている方では「あまりつけていない」と感じ、それを嫌いな方は「どんどん匂いが強くなっている」と感じる可能性があるのです。

 

公共の場での「香り」の配慮を

日本人は、あまり強い香りを文化の中で持たずにきました。源氏物語で香を炊きしめすぎる人物が「匂の宮」と揶揄されるように、昔から香りの強弱に敏感であったともいえます。海外と異なり、体臭がさほど強くない日本人であればこその香りの配慮が、公共のばではあってしかるべきではないでしょうか。

 

化学物質過敏症の具体的な症状について

化学物質過敏症は本態性環境不耐症とも呼ばれ、微量の化学物質や薬物が体内に取り入られた際に、個々人の許容量を超えた場合に、様々な症状がでる病気です。化学物質過敏症の症状はさまざまな形で現れてきます。自覚症状としては以下のような症状があります。

 

化学物質過敏症で現れる自覚症状

イライラ・胸の喉のつまり・頭痛・うつ症状・息苦しさ・手の震え・舌のしびれ・思考が不明瞭になる・関節痛・眠気・気分のムラ・記憶力低下・軽い吐き気・感情の高ぶり・涙・あくび・息苦しさ・空気が不足した感じ・ふらつき・肩甲骨の辺りのこり・動悸・皮膚の発疹・呼吸の際のヒューヒューといった音が聞こえる・胃腸が燃える感じ・強い疲労感

 

こういった自覚症状がある場合には、化学物質過敏症の可能性を疑いましょう。

また、女性の化学物質過敏症患者に関して言えば以下のような症状が出るといわれています。

 

女性に多い科学物質過敏症の主な症状

・汗が異常に多くなる

・手足の冷えが厳しくなる

・おりものが増える

・陰部のかゆみや痛みがひどくなる

・生理不順 不妊症 生理前にいらいらしたり、頭痛、むくみがある 貧血を起こしやすくなる

 

また男性は以下のような自覚症状が出る可能性があります。

 

男性に多い化学物質過敏症の主な症状

・性的な衝動の低下や過剰

・トイレが近くなる・尿がうまくでない

・膀胱炎・インポテンツ

・げっぷやおならがよく出る

・小腸炎や大腸炎

 

化学物質過敏症の具体的な予防策

化学物質過敏症には以上に掲げた症状が出る可能性がありますが、現在こうした症状が出ていない人も以下のような点に気をつけることが重要です。

 

・室内空気の換気をこまめにおこないましょう

・スプレー式・噴霧式の殺虫剤・芳香剤・消臭剤の使用はできるだけ避ける

・合成洗剤ではなく石鹸を使うようにする

・住宅の新築・改修・改装の場合はどのような化学物質が使われるか理解する

・食品については値段だけではなく安全性にも配慮する

・運動不足にならないよう、適度な運動を継続する

 

まとめ

化学物質過敏症の自覚症状をしっかり理解し、予防策を実行することでこの化学物質過敏症にならないような工夫をしっかり行うことが重要ではないでしょうか。

 

揮発性有機化合物や薬物によって起きる化学物質過敏症とは

化学物質過敏症は微量の揮発性有機化合物や薬物によって健康被害が引き起こされる症状のことを指します。一般的には、人体の薬物や化学物質に対する許容量を一定基準異常超えると症状が現れるとされ、その許容量には個人差があるのが特徴的です。また他にも発症原因や症状、進行と回復の速度なども多種多様なのです。

この化学物質過敏症の症状は身体のあらゆるところに出る場合があります。では頭部部分に現れる化学物質過敏症の症状にはどのようなものがあるでしょうか。

 

目の症状

目の症状としては、視力の低下や光線過敏症、目の乾燥、または涙が出やすくなるといった症状のほか、ものが二重に見えるといった症状が出た場合は、化学物質過敏症を疑うことが必要です。暗い部屋で料理や勉強をしているときに、誰かが部屋の明かりをつけたときにとてもまぶしく感じるといった場合も、この症状の可能性を疑いましょう。

 

鼻の症状

鼻づまりやかゆみ、鼻水・鼻血が出るといった症状が化学物質過敏症の典型例です。

 

耳の症状

耳の症状としては、耳鳴り、中耳炎、めまいのほか痛み・かゆみがあるので注意が必要です。

 

口や喉の症状

口・喉の症状としては、喉の渇き、喉の詰まり(食物が飲み込みにくくなる)、声がかすれるといった症状があります。また、味がわかりにくくなったり、金属の臭いがする場合も、化学物質過敏症の疑いがあります。大好きなものを食べても美味しいと感じない場合、あまりにも喉が渇いて水を飲む衝動を抑えられないといった場合も注意しましょう。

 

最後に

これらの症状は他の病気の症状でもありますので、総合的に判断するため、かかりつけのお医者さんのところにいき、診察を受けてみることを強くお勧めします。

 

化学物質過敏症の原因物質と職場環境について

先日、某和歌山工場で勤務していた男性が、劣悪な労働環境で働かされたために「化学物質過敏症」になったとして賠償を求めて東京地裁に提訴しました。

 

男性は主に検査室で、成分検査のため大量のクロロホルムやメタノールなどの化学物質を扱い、窓が開閉できず、排気装置も整備されていないために化学物質を吸い込み、94年ごろから頭痛を発症。その後も慢性的な頭痛などの症状が続き、化学物質過敏症と診断されていました。

 

どうしてこの和歌山工場は、元社員から裁判で訴えられたのでしょうか?

 

▼化学物質過敏症が理解されない環境

多くの化学物質過敏症は、工場や職場の悪環境で起きています。大量生産を行う工場では、特に規定の喚起や休憩がおろそかにされ、潜在的に化学物質過敏症と戦っている従業員も多数いるようです。

 

・複数名同じ作業に従事していても、全員に同じような症状・被害が出にくい。

・生活のために仕事をしていて、悪環境は仕方ないと我慢が当たり前だと思っている人が多い。

・化学物質過敏症という病気を知らない人が多い。

・最寄りの病院に、化学物質過敏症と診断を下すに十分な医師が少ないため、個人の体質やストレスで片付けられやすい。

・企業やオーナーは、管理不足が指摘され、企業イメージが悪くなることでの利益損失や、人件費がかさむことを避けようと、できるだけ認めない方向で動いていくことが多い。

 

だからと言って、診断書をもっていったのに企業に否定された場合、泣き寝入りはよくありません。

 

現在は、職業による化学物質過敏症の労災認定が少しずつ増えているところです。職場において化学物質過敏症が発症したと診断された方は、最寄りの『労働基準監督署』に相談し、対策をとりましょう。

 

▼化学物質過敏症になりやすい職業

以下のようなものが多く報告されています。

 

美容師(シャンプー・パーマ液) エステティシャン(美容製品)

医療関係(薬品、消毒薬) 工場関係者(製造に使う薬品、製造物そのもの)

化学関係者、印刷関係者

 

▼原因になる化学物質で多いもの

・ホルムアルヒデド(接着剤,溶剤,塗料等に良く使われる)

・トルエン、キシレン、エチルベンゼン(塗料,合成樹脂,合成繊維、医薬品、火薬等に使用)

・フェノール、クレゾール(消毒薬,防腐剤などに使われる)

・p-ジクロロベンゼン(防虫剤などに使われる))、

・有機溶剤や、有機溶剤を含んだ工業薬品

   印刷用インキ(グラビアインキ、スクリーンインク他のインキ)

   接着剤(ゴム系,塩化ビニール樹脂、ポリウレタン、その他の接着剤)

   工業用油剤(ドライクリーニング用,金属表面処理用、農業用,その他の工業用油剤)

   繊維用油剤(紡績用、編織用、その他の繊維用油剤)

   殺菌剤(アセトン含有、アルコール含有、クレゾール殺菌剤、その他の殺菌剤)

   塗料(ワニス類、絶縁用ワニス類、エナメル類、油性下地塗料、ラッカー類、シーラー類、リムーバ、ペイント類、シンナー類他)

 

私の友人は高校を出て、大手エステの従業員として活躍していましたが、二年ほどで手にアレルギーを発症し、見た目が悪いという事で実質、首になってしまいました。今から20年ほど前の話です。

 

長年美容師をやってる友人もまだ50代であるのに、80代のような肌をしていて、金属アレルギー症状に苦しんでいます。

 

その実、化学物質過敏症は慢性化しているように筆者は感じています。ひとりひとりが、自分のもつ職業病に向き合い、職場環境を訴えていく勇気をもつことで、化学物質過敏症対策へ、日本全体の風潮として取り組まれることを願います。

 

(Photo by: http://www.ashinari.com/2011/07/31-348695.php)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-12掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

化学物質過敏症に関する記事

化学物質過敏症の具体的な症状について

    化学物質過敏症は本態性環境不耐症とも呼ばれ、微量の化学物質や薬物...

化学物質過敏症の原因物質と職場環境について

先日、某和歌山工場で勤務していた男性が、劣悪な労働環境で働かされたために「化学...


揮発性有機化合物や薬物によって起きる化学物質過敏症とは

    化学物質過敏症は微量の揮発性有機化合物や薬物によって健康被害が引...

柔軟剤や香水の匂いに反応する?化学物質過敏症について

  化学物質過敏症は、「匂い」に反応する傾向があります。     「匂いの残る...

カラダノートひろば

化学物質過敏症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る