カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 胃痙攣(胃けいれん) >
  5. 胃痙攣を誘発する食べ物とは?胃に優しい食事を食べて対策しよう!

気になる病気・症状

胃痙攣を誘発する食べ物とは?胃に優しい食事を食べて対策しよう!

胃痙攣には、実は相性の合わない食材・食べ物が存在します。それらの食材・食べ物を摂ることによって、胃痙攣を誘発してしまうキッカケになることも!十分に注意が必要になります。

 

刺激の強いもの

塩気の強いものや、辛いもの(香辛料なども)は胃の粘膜を刺激してしまい、胃痙攣を引き起こす要因となってしまいます。

 

野菜にも要注意!

体に良いと言われる野菜ですが、玉ねぎやニンニクなどは刺激物になってしまいます。また大根も消化酵素を高める効果があるため、胃酸を分泌しやすい野菜です。

 

冷たい物も要注意!

冷たい物(氷やアイスなど)を胃に入れてしまうと、胃の中が急激に冷やされ緊張状態となります。緊張状態になると、胃痙攣を起しやすくなるので要注意です。

 

胃に優しい食事・食材とは?

胃痙攣の対策として挙げられるものは胃に優しい食事です。胃に優しいという事は、消化に良いものを食べることによって、胃の壁が胃酸にさらされる時間を短縮できることで胃への負担が少なくなります。

消化の良い食べ物とは以下の通りです。

 

・鶏肉(ささみ)

・うどん

・豆腐

・乳製品

・山芋(摩り下ろしたとろろ)

・白身魚

 

胃痙攣を起さないためには、胃に優しい食事(薄味や熱過ぎず・冷たすぎずの料理)をすることで対策ができます。

胃痙攣はストレスなどが原因で発症することがあるので、食事だけでなく、色々な部分で胃への負担を避けるように心がけなければなりません。

 

「気になる病気・症状」で人気の記事はこちら

●心的ストレスから引き起こされる胃痙攣とは?

(photo by: //www.ashinari.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

胃痙攣(胃けいれん)に関する記事

胃痙攣を撃退!食事を見直して、胃痙攣を減少させよう!

  胃痙攣を起さないために、普段の食事を見直してみませんか? 食事は意外...

胃痙攣(けいれん)の状態と症状別の緩和法~嘔吐編~

胃痙攣は、胃の筋肉の緊張の増大による痙攣のことです。筋肉の緊張は病気によって...


胃けいれんの時の食事療法

食後30分位してみぞおちのあたりが痛む胃痛は、胃の筋肉のけいれん、胃の粘膜の炎...

食べて治そう!胃痙攣の「食事療法」胃痙攣の発症率を下げるには?

  辛くて激痛を伴う胃痙攣には、食事で治すという考えをしてみましょう。毎日...

カラダノートひろば

胃痙攣(胃けいれん)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る