カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ケガ・応急処置 >
  4. 誤飲・誤食 >
  5. 子どもが喉に詰まらせやすい餅(もち)!食べさせるときの注意と対策!

育児・子供の病気

子どもが喉に詰まらせやすい餅(もち)!食べさせるときの注意と対策!

 お子さんがお餅を食べる際に、大人が注意してあげることは必要なこと!

それだけでなく、お子さんの喉にお餅がつまらないように工夫するには、どのようにしたら効果的なのでしょうか?

お餅を食べるときの注意点と対策を挙げてみましょう。

 

◆おもちは小さくカット

お子さんの場合、1・2才であれば歯がまだ生えそろえていない子もいます。よく噛むことが出来ないと想定して、丸呑みしても大丈夫な大きさ(大げさですが小豆サイズとか)にして食べさせましょう。

 

◆おもちをお茶に落として

ごく稀にご家庭でもされているのを見かけますが、焼いた御餅を、緑茶が入った器にポトンと落とします。お茶になじませながら食べることで、のどごしもスムーズ、やわらかい御餅になります。

 

◆おもちを食べる時は誰かが側に!

歩き食べや遊び食べなどをさせないことです。必ず誰かがそばにいて飲み込むのを見届けてあげるくらいまでしてあげることが危険を回避する方法です。

 

お子さんが1人ではなく2人、3人と複数いる場合、ママやパパだけでは目が行き届かないかもしれません。

 

おもちを詰まらせてしまった時の対処法


 

そんな時は時間差でお子さんにお餅を食べさせたり、おじいちゃん・おばあちゃんに側にいてもらうなどして、必ず大人の目を光らせてください。

(photo by: //www.ashinari.com/ )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

誤飲・誤食に関する記事

鼻に異物が入った時は?

  子どもはどんなものにでも興味を示します。そして、それを口や鼻、耳に入れ...

赤ちゃんの事故「誤飲」たばこ・洗剤を飲み込んだ!誤飲をした場合の受診の目安

赤ちゃんは手に触れるものを何でも口に入れてしまいます。これは好奇心から起こる...

誤飲・誤食の体験談

びっくり!○○を食べていた息子!

息子が1歳くらいのとき、誤飲をしてとても焦ったことがあります。 1歳となると、自分で自由に勝手...

ハイターを!?動き出した0歳児は何するか分からない!?

先日8か月の次男がキッチンハイターを棚の奥から勝手に取り出してきて倒してひっかぶるという事件が......

カラダノートひろば

誤飲・誤食の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る