カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 胃炎(慢性・急性) >
  5. ウイルス性胃腸炎に感染しないようにするには!?

気になる病気・症状

ウイルス性胃腸炎に感染しないようにするには!?

 

  

感染性の胃腸炎には、ウイルスによるものと細菌によるものがあります。特に冬場に多く発症するのがウイルス性胃腸炎で、ノロウイルス・ロタウイルス・アデノウイルス等が原因となります。その中でも特にノロウイルスは冬季に旬を迎える牡蠣などの2枚貝に存在し、ウイルスを所有した貝を食することで感染してしまいます。

 

感染力が高い

生牡蠣を食べたからといって必ずしもウイルス性胃腸炎になるわけではありません。貝の鮮度とウイルスの有無は関係ないからです。

しかしウイルスを所有している生牡蠣を食べてしまった場合は、10個~100個のウイルスでも感染が成立してしまうような伝染性の高いウイルスもあるため、感染してしまうことは間違いないでしょう。

しかし、生牡蠣を食べていないのに感染してしまうこともあります。それは、ヒトからヒトへの感染です。

 

患者の嘔吐物や便からの感染が一番多い

生牡蠣を食べていないのにウイルス性胃腸炎に感染してしまった人の多くは、ヒトからヒトへの感染によるものです。

伝染性の高いウイルスの場合は、これらのようにヒトからヒトへ感染することで、感染を拡大させ、集団感染などの事態になることもあるのです。

 

ヒトからの感染を防ぐには

それではヒトからの感染を防ぐにはどうしたらよいのでしょうか?

ウイルス性胃腸炎に感染した患者の嘔吐物や便には、1gあたり約1億個のウイルスが存在することもあるようです。

ですから、感染経路は患者の嘔吐物や便などからが多いというわけです。

また、便中には感染から1~2週間もウイルスの排泄が続く場合もあります。

手洗いを徹底させ、患者とのタオルの共有などを避けるようにしましょう。

 

患者はペーパータオルなどを使用すると感染を防ぐことができます。

また、患者の嘔吐物や便を始末する際には、ゴム手袋を着用したり、その後の手洗いうがいを徹底させるようにしましょう。

後始末などで使用したタオルなどは廃棄してしまったほうが、感染拡大を防ぐことになります。

 

ウイルス性胃腸炎の感染者が出てしまったら、本人も周りに移さないよう努力し、周りも移らないような努力をする必要があります。

 

 

(Photo by: [//www.pakutaso.com/20131125325post-3522.html])

著者: ママゴリラさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

胃炎(慢性・急性)に関する記事

急性胃腸炎を発症…何を食べたらいいの?急性胃腸炎の病中&病後の食事

急性胃腸炎を発症したら、食事の摂り方に工夫が必要です。   病中から病後にかけ...

子どもの急性胃腸炎~症状の特徴と注意点まとめ

子どもが嘔吐や下痢を起こす場合、ほとんどが急性胃腸炎によるものです。子どもの...


アルコールで急性胃腸炎にならないために!急性胃腸炎とその回避方法

急性胃腸炎は、胃が炎症を起こす病気で、嘔吐や下痢、胃痛や腹痛などが症状として...

下痢や嘔吐が止まらない! 急性胃腸炎で入院に!?

急性胃腸炎は、胃痛や腹痛、下痢や嘔吐を繰り返す症状がみられる病気です。通常症状...

カラダノートひろば

胃炎(慢性・急性)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る