カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 胃炎(慢性・急性) >
  5. サルモネラ腸炎と腸炎ビブリオ その特徴とは?

気になる病気・症状

サルモネラ腸炎と腸炎ビブリオ その特徴とは?

 

食中毒と言われる細菌性胃腸炎。特に多いサルモネラ腸炎と腸炎ビブリオの特徴を理解しておきましょう。

 

サルモネラ腸炎

原因

動物の犬や猫、鶏や馬、家畜やねずみなど、自然界の鳥獣の間に広く分布しています。それらのサルモネラに汚染された卵や食肉、加工肉などを食べることで発症します。特に鶏卵汚染関連が多く、夏場に多く発生します。

鶏卵加工品が汚染されている場合もあり、それによって調理温度管理が徹底されていない飲食店などでは、大規模な食中毒が発生することもあります。ケーキなどによるサルモネラ菌食中毒もあります。


症状

潜伏期間は12時間~48時間程度で、主な症状は発熱や腹痛や下痢で、時に血便を伴う場合もあります。

乳幼児や高齢者など抵抗力の弱い人は、敗血症になる恐れもあるので注意が必要です。症状は比較的強く、経過も一般的に長いのが特徴です。

発熱も38℃~39℃で1週間程度続くこともあります。下痢も1日10回以上が数日続くこともあり、脱水症状などに特に気をつけなければなりません。

 

腸炎ビブリオ

原因

海岸の海水中に存在し、水温が25℃を超えると魚介類の消化官や体表に付着します。

それが水揚げされ汚染された魚介類が死ぬと、原因菌は肉中に侵入し、その汚染された魚介類を食べることで発症します。

真夏の室温下では、汚染された魚介類の原因菌の繁殖はすさまじく、短時間で1億個以上の菌量になることもあります。

そのため夏場に温度管理が徹底されていない魚介類を食べることで、発症することが多いのです。

症状

潜伏期間は数時間程度で、汚染された食品を食べた直後に発症することが多いためどの食品が原因菌であったか判断しやすいのが特徴です。

症状は強烈な腹痛と下痢で悪心や嘔吐を伴い、時に血便になることもあります。

発熱は37℃~38℃ですが、ショック症状を起こす場合もあるので注意が必要です。初期の腹痛と下痢は強烈なものですが、経過は短く2~3日で症状は回復します。

 

夏場に特に多いとされている、サルモネラ腸炎と腸炎ビブリオ。それぞれの特徴をしっかりと理解して、予防や対策が取れるようにしましょう。

 

(Photo by: [//www.pakutaso.com/20110700188post-347.html])

著者: ママゴリラさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

胃炎(慢性・急性)に関する記事

急性胃腸炎の時は…食事はNG!

  急性胃腸炎は、胃酸が過剰に分泌されることによって、胃の粘膜が傷つき炎症...

下痢や嘔吐が止まらない! 急性胃腸炎で入院に!?

急性胃腸炎は、胃痛や腹痛、下痢や嘔吐を繰り返す症状がみられる病気です。通常症状...


急性胃腸炎を発症…何を食べたらいいの?急性胃腸炎の病中&病後の食事

急性胃腸炎を発症したら、食事の摂り方に工夫が必要です。   病中から病後にかけ...

ウイルス性急性胃腸炎のなかでも強力!ノロウイルス感染を予防しよう

アデノウイルス、ロタウイルス、ノロウイルスなどが原因で起こるウイルス性急性胃...

カラダノートひろば

胃炎(慢性・急性)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る