カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 健康食品・飲料 >
  4. 基礎知識 >
  5. カフェインで脂肪燃焼促進!ダイエットをサポートする紅茶の効果と効果的な飲み方

健康診断・健康管理

カフェインで脂肪燃焼促進!ダイエットをサポートする紅茶の効果と効果的な飲み方

 

香りがよく、食後に飲むとリラックスした気分になれる紅茶ですが、ダイエットを手助けするという効果もあるようです。紅茶に含まれる「カフェイン」の働きによるものだそうです。

 

 

■カフェインによる脂肪燃焼促進

 

コーヒーに入っていることで有名なカフェインですが、紅茶にも含まれています。カフェインには、交感神経を優位にし、眠気を覚ましたり疲労感を緩和させたりする作用があります。他にもダイエットに有効な作用として、一度蓄えられた脂肪を再び分離させ、血中に解き放つという働きもします。人が運動などでエネルギーを使うときは、通常まず体内の糖分が優先的に使われ、それが不足すると蓄積された脂肪を分解して利用します。そこでカフェインを摂取することにより、蓄積された脂肪が先に使われやすい状態になりますので、効率よく脂肪を減らすことができるという訳です。

 

 

■効果的な飲み方

 

カフェインの効果があらわれてくるのは、摂取してから30分後ほどといわれています。運動を始める30分前くらいに紅茶を飲んでおくと、効果が出やすいでしょう。また、砂糖などの糖分は入れずストレートで飲むようにしましょう。量は1杯程度で十分です。飲みすぎると利尿作用により水分不足になったり、鉄分の吸収を阻害することもありますので、注意しましょう。

 

 

■運動と併用する

 

カフェインの作用により、脂肪は血中に遊離脂肪酸となって使われるのを待っている状態ですが、運動せずに使われないまま一定の時間が過ぎると、再び普通の脂肪に戻ってしまいます。紅茶を飲んだだけではダイエットになりませんので、運動をあわせて行うようにしましょう。

 

 


運動前に飲むことで脂肪を燃焼させやすくする紅茶ですが、飲み過ぎは健康を害することもありますので、ほどほどにしましょう。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2011/10/14-351525.php])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

サプリメントによる抗酸化物質が「無効」と言われるワケとは?腸とポリフェノールの関係

近年、サプリメントなどの健康食品の表示規制が緩和されたことで、基準を満たした...

『1日4杯のコーヒー』は死亡率UP?!コーヒーに関する研究まとめ

1日4杯のコーヒーは危険?   コーヒーにはポリフェノールである『クロロ...


風邪の引き始めに即効性のある「プロポリススプレー」、細胞毒性のリスクはある?

蜜蜂の巣から採取される「プロポリス」は、近年の研究で抗炎症・感染予防・抗がん作用...

血液からコレステロールを除去してくれる!田七人参の効用について

  血液中のコレステロールは濃度が高まれば、血管を詰まらせ血流を滞らせる原...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る