カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 基礎知識 >
  5. 紅茶の知られざる効果~虫歯予防と生活習慣病予防

気になる病気・症状

紅茶の知られざる効果~虫歯予防と生活習慣病予防

美味しくいろんなお菓子に合う紅茶ですが、含まれている成分によりさまざまな健康づくりに役立つ効果があるようです。その中でも「虫歯予防」と「生活習慣病予防」について調べてみました。

 

■歯垢をつきにくくする

紅茶に含まれる「カテキン」や「テアフラビン」は、歯に歯垢をつきにくくさせる作用があるようです。虫歯の原因となる菌は歯垢を温床にして増殖しますので、歯垢がつきにくくなると虫歯の予防ができることになります。紅茶でうがいをすると効果があるようです。

 

■フッ素で歯を強化

「フッ素」は近年虫歯予防に広く用いられており、歯医者さんで塗布することが推奨されていたり、市販の歯磨き粉に配合されていたりします。

 

フッ素は紅茶にも含まれているようです。フッ素は歯垢が歯を溶かす原因となる「酸」を作り出す働きを弱めたり、歯を酸に強い性質に変化させたりする効果があるそうです。

 

また、一度歯から溶け出したカルシウムを元に戻す(再石灰化)などの作用があり、虫歯予防や初期の虫歯治療に役立ちます。

 

習慣化し、長期に渡ってケアすることで効果が強くなりますので、紅茶を日常的に飲むようにするとよいでしょう。

 

■抗酸化作用で生活習慣病予防

紅茶にも含まれる「紅茶フラボノイド」という成分は、細胞の老化の原因となる「活性酸素」に対抗する力を持っているようです。

 

血管にダメージを与えることで起こり得る動脈硬化を予防し、脳卒中や心臓病などの生活習慣病を防ぎます。また、血中のコレステロール値を下げる効果もあり、糖尿病や高血圧の予防にもなるようです。

 

紅茶フラボノイドの効果を高めるにはビタミンCやEなどと一緒に摂取するとよいので、普段の食事の時に飲んだり、お茶うけのお菓子を工夫してみるとよいでしょう。

 

虫歯予防や生活習慣病予防に効果がある紅茶ですが、それだけで完全に予防することは難しいので、他の予防方法と併用するようにしましょう。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2011/10/14-351525.php])

著者: はやぶささん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

片側噛みの改善の第一歩は歯の治療!左右バランスよく噛む意識をしよう

  片側のあごばかりで食べ物を噛むことを偏咀嚼と言うそうです。これはあごが歪ん...

何を基準に選ぶべき?よい歯医者を選ぶための3つのポイント!

歯医者は一時的に通うものというよりは定期健診で定期的にお世話になるところと考え...


外科手術で除去する歯周ポケットの汚れ

  歯周ポケットの炎症がひどくなると、悪化して、歯が抜けたりします。その場...

病気も関係しているかも!?歯ぎしりの代表的な3つの原因

 歯ぎしりは自分よりも周囲が悩まされるもの、というイメージが強いですが実際には...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る