カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 生理・月経 >
  4. むくみ >
  5. 生理中のむくみ、女性の身体との関係とは?

女性のカラダの悩み

生理中のむくみ、女性の身体との関係とは?

女性の身体は生理周期によってさまざまな体調の変化が起こります。

特に生理前~生理中にかけては、女性ホルモンの分泌により身体の不調を感じる人も多いです。

生理中にもっとも現れやすい体調の変化の一つに、むくみの症状があります。

 

むくみの原因

生理前になると、妊娠しやすい身体になるために卵巣から黄体ホルモン(プロゲステロン)を分泌させます。

プロゲステロンの働きによって、妊娠した場合に受精卵が着床しやすいよう、栄養や水分をたくさん溜めこみます。

これにより生理前から次第にむくみの症状が起きやすくなります。

 

また骨盤周辺に血液がたまり、全身の血行が悪くなるため身体が冷えやすくなります。そのためむくみだけでなく、頭痛や肩こりなどのトラブルも起きやすくなります。

 

むくみは細胞の間に水分が貯まって起こります。

この水分を放っておくと皮下脂肪と結合してセルライトの原因になってしまいます。

余分な水分や老廃物は、入浴やマッサージ・有酸素運動などで新陳代謝を活発にして、体の外に流してしまいましょう。

 

むくみと妊娠

妊娠すると受精卵が着床し、胎児を育てるために子宮の環境が変化します。

そのため女性ホルモンの分泌は活性化し、血液はさらに下半身に集中するため、むくみの症状が激しくなる人もいます。

また妊娠後期には妊娠中毒症の危険性が高まり、高血圧・尿たんぱくとともに下半身のむくみが特徴的です。

このように生理や妊娠といった、赤ちゃんを育成するための女性ホルモンの働きと、むくみ症状の密接な関係がよくわかります。

 

~ダイエットはしなくて良い~

むくみが現われると、スカートやズボンのウエストがきつくなり、太ったように感じます。

しかし「太ったからダイエットしよう」と食事制限をするのは禁物です。

ダイエットではなく、身体を温めて血液の循環をよくすることでむくみを軽減しましょう。

生理が終わるとプロゲステロンの分泌量も減り、身体のむくみも軽くなるので、気長に過ごしましょう。

(Photo by:写真AC

著者: kaoruさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

むくみに関する記事

食事から見直す、生理中のむくみ解消法

 生理が始まると、女性の身体は黄体ホルモンの分泌がさかんになり、妊娠しやすい環境...

これでばっちり!生理のむくみ対処法徹底解説

生理前、生理中のむくみは不快感が大きいです。 体全体がズーンと重くなったような...


生理中、足のむくみはこれで解消!

足に流れた血液は、重力に逆らうため筋肉のポンプ機能によって逆流し、心臓へと返って...

生理前のむくみの原因と対処法は?あなたは足に出る?顔に出る?

生理前になると顔や足がむくみやすい!そんな女性は意外と多いんです。これは女性...

カラダノートひろば

むくみの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る