カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 食事 >
  4. 加工食品 >
  5. 加工食品の原材料にも注意!農薬『マラチオン』の性質と、農薬誤飲の際の対処法

健康診断・健康管理

加工食品の原材料にも注意!農薬『マラチオン』の性質と、農薬誤飲の際の対処法

マルハニチロの冷凍食品に農薬が混入していたとして、健康への影響が心配されていますが、農薬『マラチオン』とはどのような物質でしょうか?

 

マルハニチロによる発表では、当初『子供(体重20キロ)に毒性が発現するのは、一度に60個のコロッケを食べた時』とされていましたが、発表内容は何度か訂正され、現在では『8分の1個食べた時』とされています。実際毒性が現れる量はどの程度からなのでしょうか?

 

以下では、マラチオンに関する情報と、農薬を誤飲した際の対処法についてご紹介したいと思います。

 

マラチオンとはどのような物質か? 

マラチオンとは、主に農耕地のアブラムシやハダニ、カメムシなどの駆除に用いられる農薬(有機リン剤)で、海外から収穫された穀物を船輸する際に使用されるケースが多く、トウモロコシや小麦などから少量検出される傾向があるとされています。水に溶けにくく、熱によって分解されやすい性質を持っています。

 

<摂取許容量>

成人の摂取許容量は、体重1kgあたり0.02mg(例:60kgで1.2mg)

(※上記の冷凍食品中に含有されていたマラチオン最大量は2.64g)

 

<中毒症状>

倦怠感、頭痛、吐き気、多量発汗、視力減衰、縮瞳など。

 

<代謝経路>

人など哺乳類においては、消化酵素のカルボキシエステラーゼにより分解されて不活化されるために毒性が低いとされています。

(※昆虫ではマラオクソンという物質へと代謝されることで、コリンエステラーゼ阻害作用による毒性を発現するとされている)

 

対処法について 

農薬を飲み込んだ際の対処法については、以下の3種類の方法が行われます。

 

◆催吐

指やスプーンの柄などを口の中にいれ、咽頭後壁を刺激して吐かせる。吐かない時は、コップ一杯の水を飲ませた後に再度行う。

(※吐かせてはいけない時⇒意識障害・痙攣などの症状が見られるとき、石油系の溶剤が混入した物を飲んだとき、粘膜腐蝕性のものを飲んだとき)

 

◆胃洗浄

左側臥位にして生理食塩水又はぬるま湯を300ml/回(成人の場合。合計数リットルは使用する)を限度に注入し、洗浄液が綺麗になるまで行う。(5歳以下の場合は、低ナトリウム血症を防ぐため、生理食塩水;1回10~20ml/kgで行う)。通常、1時間以内に実施するのが原則。4時間以上経過していても、効果のある場合がある。

 

◆活性炭・下剤

胃洗浄が終わったら、活性炭50gを500mlの水に混ぜたものを飲ませる、又は胃管から注入する。必要であれば塩化下剤(硫酸ナトリウム又は硫酸マグネシウム)15~30gを投与して、胃管の除去を行う。

 

⇒下剤は、活性炭の黒色下痢便が出るまで4時間ごとに飲ませ続ける。(※ヒマシ油のような油性下剤は禁忌である。)

⇒小児の場合は、活性炭1g/kg、塩化下剤は0.25g/kgを使用。

 

◆腸洗浄

未吸収の毒素を早期に排出させるため、多量の洗浄液をチューブによって上部消化管から投与し、全腸管を洗い流す。透明な水溶便が排出されるまで、ポリエチレングリコール液を1500~2000ml/時投与し続ける。

⇒6歳以下は500ml/時、学童1000ml/時で投与する。

 

農薬、殺虫剤個別の対処方法 

個別の農薬・殺虫剤誤飲の際の対処方法は以下のとおりです。活性炭は消化管内で中毒物質と結合することで解毒作用がありますが、たいていの物質に効果的であり、家庭内に活性炭粉末を常備しておくといざという時に便利です。

また、牛乳は、酸・アルカリ物質の吸収を遅延させるのに役立ちますが、殺虫剤や石油系溶剤に使用すると吸収が促進される場合が多く、知識がない場合には使用しない方が安全です。

 

◇パラコート

除草剤の一種で、誤飲すると肺において活性酸素を発生させ、損傷させます。

【症状:暴露後1~3日に興奮、痙攣、嘔吐、下痢、呼吸困難、嗜眠など。】

⇒対処法:催吐、胃洗浄、活性炭。

 

◇ピレスリン

殺虫剤で最も頻用される薬剤。通常毒性は低いが、他の薬剤との同時使用で毒性が増加する。

【症状:1~3時間以内に抑鬱、流涎、筋肉振戦、嘔吐、運動失調、呼吸困難、食欲不振など。】

⇒対処法:胃洗浄、活性炭。

 

◇ホウ酸塩(ホウ酸ダンゴ)

【症状:下痢、腹痛、頭側腹部の圧痛、振戦、筋力低下、腎毒性、痙攣、昏睡、死亡など。】

⇒対処法:催吐、胃洗浄(活性炭は×。)

 

◇メタアルデヒド

ナメクジ駆除剤に入っている成分で、体内でアセトアルデヒドを産生し、代謝性アシドーシスを引き起こす。

【症状:摂取後15分~3時間で頻脈、運動失調、嘔吐(初期)→痙攣、チアノーゼ、昏睡、死亡(後期)など】

⇒対処法:催吐、胃洗浄、活性炭、牛乳(活性炭は×。)

 

◇有機リン・カーバメート

農薬に使用される成分。アセチルコリンエステラーゼ(神経伝達物質分解酵素)を阻害するため、神経反応が異常になる。マラチオンも有機リンの一種。

【症状:呼吸困難、嘔吐、徐脈、縮瞳、麻痺、痙攣など】

⇒対処法:催吐、胃洗浄、活性炭、解毒剤

 

◇ワルファリン

殺鼠剤に使用される成分。ビタミンK障害を起こす。

【症状:3日後に呼吸困難、貧血、衰弱、蒼白、出血傾向肝壊死など】

⇒対処法:催吐、胃洗浄、活性炭、解毒剤

 

上記の対処法のうち個人で行えるのは催吐・活性炭摂取など一部ですが、救急隊が到着するまでの間に確認することが何点かあります。

呼吸障害がある場合は安静にさせる、必要であれば人工呼吸を行う、飲んだ薬剤名と量を確認することなどが求められますので、合わせて覚えておくことが必要です。

(photoby://pixabay.com/

著者: あせちるこりんさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

加工食品に関する記事

加工食品の農薬残留検査!検査件数は?どれくらいの食品が引っかかってる?

  食品の農薬残留の問題については平成17-18年に大きな転換点を迎えました。...

しょうゆや味噌、酢など…調味料の品質低下はどうやって見分けるの?

   調味料は食品の中でも比較的長持ちする方ですが、品質は低下していきます。また...


アレルギー患者は要チェック!特定加工食品に注意しよう!加工食品のアレルギー表示

  アレルギーの患者は増加していると言われています。日本国内では全人口の20%...

ハム・ベーコンに含まれる食品添加物は危険!?その理由と対処法

食品添加物に関する注意の内、特に指摘されることが多い食品がハムやベーコンです。...

カラダノートひろば

加工食品の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る