カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 健康食品・飲料 >
  4. 基礎知識 >
  5. 疲労回復に効果的?『酸素水』、話題のチアシード、生のまま摂取は危険?マジック7とは何?

健康診断・健康管理

疲労回復に効果的?『酸素水』、話題のチアシード、生のまま摂取は危険?マジック7とは何?

 

『酸素水』は疲労回復に効果的? 

近年、疲労回復やダイエットなどに効果があるとして、コンビニやスーパーなどで見かけるようになった『酸素入りミネラルウォーター(酸素水、高濃度酸素水など)』ですが、一時は非常にブームとなり例年の3倍の売り上げを記録するような年も見られました。その流れから、『本当に科学的に効果があるのか』という問い合わせが国立健康・栄養研究所などにも寄せられているようです。健康に効果的とされた発端は、欧州の医学専門誌に2001年に掲載された『ウサギの腸管における酸素の吸収』に関する論文によるもので、疲労の原因物質である乳酸値が低下したとの報告があったとされています。しかし、この結果に対し否定的な見解も多数見られます。以下では、酸素水の効果について様々な記事で書かれた情報をご紹介していきたいと思います。

  

酸素水の効果に関する論文には、否定的なものが多い 

酸素水に関する論文には、その効果について否定的な見解のものが多数見られます。その一部が国立健康・栄養研究所で紹介されています。

 

◆運動能力に関する論文

平均年齢24歳の健常男性20名に【180mg/Lの酸素を含む水1.5L/日×2週間摂取】の後、自転車運動を行った試験では・・・

 

⇒【最大運動強度、心拍数、酸素摂取量、二酸化炭素排出量、呼吸交換比、血中乳酸】ともに測定値に有意な変化は見られなかった。

⇒【血中アスコルビン酸ラジカルの値】が14日目と21日目で、摂取前に比較して有意に上昇した。

(※アスコルビン酸ラジカル・・・正式名称『モノデヒドロアスコルビン酸ラジカル』。電子を一つ失った酸化型ビタミンCで構造的に非常に不安定であり、最終的に過酸化水素を生成させ、細胞損傷を起こす。)

 

◆体内組成などに関する論文

18~63歳のボランティア24名に【10~15℃に冷やした190mg/Lの酸素含有水を1日3食前に500mL×28日間摂取】させた試験では・・・

 

⇒【血液検査、肝臓酵素、免疫能】の測定値において、1)血液検査項目は変化なし。2)肝機能には影響しない。3)Th2細胞、IgG、NK細胞が減少し、Th1/Th2比が上昇した。

 

効果が期待できないとされるその他の見解について

効果が期待できないとされる見解について朝日新聞では以下の3つが紹介されています。

 

◆杏林大学の平岡厚講師による見解

酸素が水に溶解した状態で腸に届けば、腸から吸収され、ヘモグロビンと結びつく可能性はある。⇒しかし酸素が水に溶けにくい性質であること、市販の酸素水500ml中の含有酸素は30mg程度であり、成人男性1回分の呼吸量の約5分の1の量にすぎない。

 

◆名古屋大総合保健体育科学センターの石田浩司教授らによる実験

同大陸上競技部の男子学生10人に、普通の水と酸素濃度が約4倍の水を各350ml比較飲用してもらった。

⇒最大酸素摂取量(心拍数や持久的な能力の指標)、疲労を感じるまでの時間を比較。飲用後15分に運動を行ったが差が見られなかった。

 

◆酸素入り水を手がける大手メーカーの見解

発表されたコメントによると『発売している商品は、宣伝において具体的な効果・効能は謳っていない。リフレッシュ気分を味わってほしい』とだけ述べられている。

 

最後に

上記の試験において、気になるのがやはり『血中アスコルビン酸ラジカル』が上昇、『免疫細胞が減少』したという点です。有益性に関する検証も大事ですが、それ以上に活性酸素が増えないという安全性の確認の方が重要であると思います。酸素水の効果や安全性に疑問を持たれている方の中には、飲料水はミネラルバランスが良く、有害化学物質が含有されていない日本産の天然水が一番安心なのでは、と意見されている方も見られました。

 

 

話題のチアシード、生のまま摂取することは非常に危険?「発芽毒」に注意

近年、話題となっている健康食品のひとつに「チアシード」という栄養価の高い種子があります。

 

このチアシードは大さじ1杯分で1日分のオメガ3脂肪酸が摂取でき、また必須アミノ酸やミネラルが豊富に含まれているため補助食品としては非常に有用ですが、ただ一点注意すべき点として「アブシジン酸」という毒性物質をしっかり抜くことが大切です。

 

アブシジン酸は「発芽毒」と言われる発芽を調整するためのホルモン様物質で、人体に毒性がありますが、水に長時間浸すことでこれを失活させることが出来ます。

 

チアシードとは?

チアシード(Chia seed)とは、シソ科のミント植物の種子の一種で、種子特有の豊富な栄養素を含有しています。特にオメガ3脂肪酸やミネラルが非常に多く含まれていることと、水に浸すことでゲル状物質が漏出し、10倍量のかさになることが特徴的です。

 

ただ、10g当たり50kcal前後のエネルギー量であるため(おおよそパン1枚の半分のエネルギー量)、意外とカロリーは高く過剰摂取には注意が必要です。

 

<チアシードに含まれる栄養成分>

□たんぱく質

□8種類の必須アミノ酸(イソロイシン、ロイシン、バリン、リジン、メチオニン、フェニルアラニン、トレオニン、トリプトファン)

□必須脂肪酸のオメガ3脂肪酸(αリノレン酸)が20%以上

□食物繊維が40%を占める(水溶性・不溶性を両方含む)

□ビタミン(ビタミンB群・ナイアシン)

□ミネラル

□カルシウム(牛乳の6倍)

□リン(牛乳の11倍)

□カリウム(牛乳の4倍)

□鉄分(ほうれん草の6倍)

□亜鉛(アーモンドの1.4倍)

□マグネシウム(アーモンドの1.3倍)

 

チアシードの「発芽毒」に注意?

チアシードは、米国FDAやEUの食品成分評価機関にもその機能や安全性が認められていますが、一方でその摂取方法には注意が必要です。

 

生のまま(水に浸す前処理を行わず)摂取すると、「アブシジン酸(ABA)」というテルペノイドの構造を持った物質が人体毒性を示す(ミトコンドリア障害)といわれています。

 

本来は種子の発芽抑制因子として働く物質ですが、事前に失活させることが必要です。

 

<発芽毒を無毒化する方法は「水に浸すこと」>

アブシジン酸は、「水に漬けること」でその毒性を失活することができます。種子を浸水すると発芽開始のスイッチが入り、「ファゼイン酸(PA)」「ジヒドロファゼイン酸(DPA)」という物質に変化することで無毒化されます。

 

■推奨される水量・水温・浸水時間は?

 

□水量・・・チアシードの10倍量の水

□温度・・・10℃~42℃

□浸水時間・・・12時間以上

 

が推奨されています。

 

最後に

チアシードを浸水させる温度は、高すぎると酵素が失活し毒性が残ってしまう場合があり、またオメガ3も酸化しやすくなるため、高温になりすぎないよう十分注意しましょう!

 

 

 

出来ないとオメガ脂肪酸やアラキドン酸を摂った方がいい!?マジック7とは何?

自分って記憶力が悪いのかな、と疑わしいときはマジック7というものをやってみましょう。

その結果、あまりできないようであれば記憶力をアップさせてくれるオメガ脂肪酸やアラキドン酸の摂取をおすすめします。

 

●マジック7のやり方

マジック7のやり方は非常に簡単ですので、いつでもどこでも出来ます。

まずは何かテーマを思い浮かべてください。眼精疲労、焼き肉を作る、普段乗っているバスの路線…とにかく身近なものであれば何でもOKです。

次に、そのテーマに関して10個のものを思い浮かべてみましょう。ここでは、『焼肉を作る』を例に挙げます。

焼肉を作ることに関するものなら何でもよいので、肉、油、フライパン、しょう油…とスムーズに考えていきます。

この段階で、一度もつっかえることなく7つ以上思い浮かべばマジック7は成功です。3-4個で躓く場合は記憶力がかなり落ちています。

 

●記憶力検査を受けてみるのも一つの方法

マジック7をやっても、何度も4-5個目で躓いてしまう、ほかの面でも記憶力がなくて困っているというのであれば、病院で本格的な記憶力検査を受けた方がよいです。

言語に関して、視覚に関して、注意や集中力に関しての記憶検査を、病院で受けることができます。

高齢者ではなく、認知症というにはまだ早いから大丈夫だろうと思う方もいますが、加齢とはあまり関係のない記憶障害の危険性もあります。

記憶力の問題で生活への支障が大きければ、出来るだけ早いうちに病院へ行きましょう。

 

マジック7をやってみて、6個くらいまでは頑張れるけどなかなか難しいという方、日常への支障はそれほどないが記憶力がやや落ちていると思う方は、アラキドン酸とオメガ3系脂肪酸を摂取しましょう。

魚、肉、卵などをバランスよく摂取すればOKです。

 

(photoby:http://pixabay.com/ja/%E3%81%97%E3%81%B6%E3%81%8D-%E3%82%B9%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5-%E6%B0%B4-%E9%9B%A8-%E6%B3%A8%E3%81%90-%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%88-%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%A2-%E6%B6%B2%E6%BB%B4-165192/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-09掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

紅茶の疲労回復&ストレス解消効果!靴下で冷え性を予防&改善!乳酸菌、ビフィズス菌など…ヨーグルトの効果!

香りがよく、食後やティータイムに飲むと何だかほっとする紅茶ですが、実際に疲労...

栄養ドリンクを効果的に利用するポイント!副作用が出てしまう場合も!?太る原因や糖尿病の原因にも?

   現在では、さまざまな栄養ドリンクが販売されています。選択肢が増えたのはう...


『紅麹』は、摂取の際注意が必要?『塩麹』の魅力とは?『生姜』の抗炎症作用とは

  紅麹は高い栄養価の半面、健康被害の例がある? 『麹』と言えば、日本に...

血をさらさらに!冷え性を改善!する漢方を紹介!漢方薬の飲み方解説も

東洋医学の代表である漢方には、現代の主流の西洋医学の薬にはない効能が期待でき...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

基礎知識の記事ランキング

人気体験談ランキング

健康診断・健康管理のひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る